マンUの20歳MF、退団は既定路線か?代理人が移籍を示唆。「次を見据える時期」

タヒス・チョン【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属するU-21オランダ代表MFタヒス・チョンの移籍は既定路線のようだ。スペイン『アス』が現地時間の22日に報じた。

 今季限りでユナイテッドとの契約が満了となるチョン。21日付の伊メディア『フットボールイタリア』は、インテルがチョンに年俸200万ユーロ(約2億4000万円)+5年契約のオファーを提示したと報じた。

 チョンのユナイテッド退団は濃厚で代理人が移籍を示唆している。チョンの代理人はオランダ『Voetbal International』で「彼は(ユナイテッドで)将来が見えないと感じている。そのため、今は次を見据える時期だ。もっとも重要なのは次のクラブは彼にとって良いプランにならないといけないということ。そうすれば、タヒスは良い環境で成長することができる」とコメントしている。

 ユナイテッド下部組織出身のU-21オランダ代表MFは、このまま夏にフリーでインテルに移籍することになるのだろうか。

ジャンルで探す