準々決勝進出8チームが出揃う。この中から3チームが東京五輪へ!【AFC U-23選手権】

AFC U-23選手権、決勝トーナメント進出チームが決定【写真:Getty Images】

 タイで開催中のAFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)は現地時間16日までにグループリーグの全日程が終了。決勝トーナメントへ進む全8チームの顔ぶれおよび対戦カードが確定した。

 グループAからはオーストラリアが首位で8強進出を果たし、西野朗監督の率いる地元タイが2位通過。U-23日本代表がまさかの未勝利で最下位に終わったグループBでは、サウジアラビアが1位、シリアが2位で突破を果たした。

 グループCは韓国が全チーム中唯一の3戦3勝で首位通過。ウズベキスタンがイランを僅差で抑えて2位に入った。グループDは16日に最終節が行われ、UAEが首位通過、ヨルダンが2位通過を決めている。

 準々決勝ではオーストラリアとシリア、韓国とヨルダンが対戦し、この2カードの勝者が準決勝で激突。もう片方の山では準々決勝でサウジアラビアとタイ、UAEとウズベキスタンが対戦し、その勝者が準決勝で戦う。

 今大会は東京五輪男子サッカーの予選を兼ねており、3チームに本大会出場権が与えられる。開催国としてすでに出場が確定している日本が準決勝まで進めば、4強に進んだその他の3チームが出場権を得るはずだった。だが日本の早期敗退により状況は変わっている。

 準決勝に勝利を収めて決勝に進んだ2チームは東京五輪の出場権を獲得。最後のもう1枠は準決勝で敗れた2チームによる3位決定戦で争われることになる。

ジャンルで探す