国内3冠目指す鹿島に痛手。チーム得点王セルジーニョが4週間離脱

鹿島アントラーズのセルジーニョ【写真:Getty Images】

 鹿島アントラーズは10日、同クラブに所属するブラジル人MFセルジーニョが左ハムストリング筋損傷と診断されたことを発表した。治療期間は約4週間が見込まれている。

 セルジーニョは6日に行われたJ1第28節のセレッソ大阪戦で後半に負傷。プレー続行不可能となり、担架に乗せられて63分に途中交代していた。

 今季のセルジーニョはリーグ戦28試合に出場して11得点、公式戦合計42試合で16得点を記録。C大阪戦で途切れるまでリーグ戦4試合連続ゴールを挙げるなど好調なプレーをみせていた。

 C大阪戦の勝利でJ1首位に浮上した鹿島は、準決勝まで進んだルヴァンカップ、準々決勝まで進んだ天皇杯を含めて国内3冠の可能性を残している。だが今後の数試合は貴重な戦力を欠いての戦いを強いられることになりそうだ。

ジャンルで探す