Jリーグ、台風19号の影響でJ2とJ3計6試合の中止を発表。代替試合を開催予定!

Jリーグ【写真:Getty Images】

 Jリーグは10日、台風19号の影響により、2019明治安田生命J2リーグ第36節とJ3リーグ第26節の計6試合の中止と代替試合の開催を発表した。

 今年最強と言われる台風19号が12日の夕方から夜にかけて関東から東海に接近し、上陸する恐れがあり、サポーターや選手、スタッフの安全を考慮し12日の6試合を中止することを発表した。

 中止となるのは、J2ではNACK5スタジアム大宮で14:00キックオフ予定だった大宮アルディージャ対アビスパ福岡、ニッパツ三沢球場で14:00キックオフ予定だった横浜FC対ツエーゲン金沢、三協フロンティア柏スタジアムで15:00キックオフ予定だった柏レイソル対水戸ホーリーホックである。現時点で代替試合の開催日程が決まっているのは、柏対水戸で14日に14:00からキックオフとなる。

 J3では、愛鷹広域公園多目的競技場で13:00キックオフ予定だったアスルクラロ沼津対FC東京U-23、藤枝総合運動公園サッカー場で13:00キックオフ予定だった藤枝MYFC対カマタマーレ讃岐、ヤンマースタジアム長居で14:00キックオフ予定だったセレッソ大阪U-23対福島ユナイテッドFCである。現時点で決まっている代替試合の日程は、藤枝対讃岐の13日13:00キックオフとC大阪U-23対福島の13日14:00キックオフである。

 まだ決定していない代替試合、チケットの払い戻しや代替試合のチケットの扱いに関しては、今後各クラブの公式サイトで発表される。

▽J2リーグ第36節
大宮アルディージャアビスパ福岡
横浜FCツエーゲン金沢
柏レイソル水戸ホーリーホック(14日14:00に代替試合)
▽J3リーグ第26節
アスルクラロ沼津対FC東京U-23
藤枝MYFC対カマタマーレ讃岐(13日13:00に代替試合)
セレッソ大阪U-23対福島ユナイテッドFC(13日14:00に代替試合)

ジャンルで探す