FC東京、松本山雅と0-0ドローで首位守る。2位鹿島との差は1ポイントのまま

松本山雅FC【写真:Getty Images】

【松本山雅FC 0-0 FC東京 J1第27節】

 明治安田生命J1リーグ第27節の松本山雅FC対FC東京戦が29日に行われ、0-0の引き分けに終わった。

 FC東京は前節の2位鹿島アントラーズとの直接対決に敗戦。その鹿島が28日の試合で勝ち点1を加えて暫定首位に浮上したことで、第8節以来守り続けてきた首位の座を失う危機に立たされていた。

 前半10分には松本の速攻から、J1初先発となった町田也真人のシュートがわずかにポスト横に外れてFC東京を脅かす。FC東京は大きなチャンスらしいチャンスを作れないまま前半を無得点で折り返した。

 後半に入るとFC東京が攻撃の手を強め、永井謙佑やディエゴ・オリヴェイラがエリア内でシュートチャンスを迎えるが、松本守備陣が体を張ってストップ。63分に永井が抜け出して放ったシュートもGK守田達弥が見事にセーブしてみせた。

 松本も少ないチャンスから1点を狙いにいく。66分には左サイドから持ち上がった高橋諒のシュートをGK林彰洋がセーブ。72分にはCK後の展開から町田のクロスに永井龍がヘディングで合わせたが、惜しくもクロスバーを叩いた。

 そのままタイムアップを迎え、0-0で試合終了。FC東京は首位を守ったが、依然として鹿島との差はわずか1ポイントとなっている。降格圏の17位に位置する松本も、プレーオフ圏の16位サガン鳥栖との差は3ポイントで変わっていない。

【得点者】
なし

ジャンルで探す