リバプール対チェルシーのUEFAスーパー杯を女性主審が担当。UEFAの男子主要大会では史上初

ステファニー・フラパート主審【写真:Getty Images】

 UEFA主催の男子主要大会で初めて女性が主審を務めることが決まった。UEFAは現地時間2日、今月14日に行われるリバプール対チェルシーのUEFAスーパーカップでステファニー・フラパール主審が笛を吹くことを発表している。

 35歳のフラパール主審は、7月に女子ワールドカップ決勝で主審を務めたフランス人女性。今年4月にはリーグアンで主審を務め、フランス史上初めて女性主審が1部リーグの試合を裁いたことでも注目を集めた。

 UEFAの最高審判責任者であるロベルト・ロゼッティ氏は「ステファニーは長年にわたり、自身がヨーロッパだけでなく、世界で最も優れた女性レフェリーであることを示してきた」と語り、UEFAスーパーカップで主審を務めることに「完全にふさわしい」と太鼓判を押している。

 なお、UEFAスーパーカップの副審も女性に決定。フラパール主審をサポートするのは、フランス人のマヌエラ・ノコロージ副審とアイルランド人のミチェル・オニール副審だ。

ジャンルで探す