レアルのスペイン代表MF「もうベンチに座りたくない」。レンタル移籍に前向きか?

ダニ・セバージョス【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーに所属する22歳のスペイン代表MFダニ・セバージョスが、他クラブへのレンタル移籍を受け入れる構えを見せた。1日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 セバージョスは2017年7月にベティスからマドリーに加入し、今季は公式戦34試合に出場して3得点2アシストを記録していた。それなりに出番はあるものの、ベンチ止まりの試合も多い。そこに不満を感じているようだ。

 ミランは買い取りオプション付きのレンタル移籍でセバージョスの獲得を考えている。同選手は「自分が何を求めているのかはっきりしている。すでに来季の計画を描いているよ。僕はもう、ベンチに座っていたくないんだ。その時が来たと思っている。来季は、僕にとってベストなシーズンにしたい」と語り、移籍を示唆するコメントを残した。

 一方で「契約期間は4年ある。マドリー退団は考えていないよ。僕はマドリーで成功したいんだ。いつ、その時が来るかわからないけど、僕の目標はマドリーで成功し、ベルナベウを熱狂させること。僕には、それが出来るだけの才能があると思っている」とも語っており、完全移籍は望んでいない様子。レンタル終了後の買い取りを計画しているミランだが、交渉は上手くいくのだろうか。

ジャンルで探す