J1再開、横浜FMと鳥栖はスコアレス。立て続けにバー直撃もゴールならず

横浜F・マリノスの畠中槙之輔【写真:Getty Images for DAZN】

【横浜F・マリノス 0-0 サガン鳥栖 J1第5節】

 明治安田生命J1リーグ第5節の試合が29日に行われ、横浜F・マリノスとサガン鳥栖が対戦。0-0のスコアレスドローに終わった。

 開幕2連勝のあと、ルヴァン杯を含めて公式戦4試合白星がない横浜FM。ボリビア戦で日本代表デビューを飾った畠中槙之輔が中2日で先発し、AFC U-23選手権予選で2試合7アシストの大活躍を見せた三好康児も同じく中2日で先発に名を連ねた。

 一方の鳥栖は前節待望の初勝利を挙げたが、その試合で負傷したフェルナンド・トーレスと退場処分を受けた高橋祐治が欠場。豊田陽平が今季初先発でトーレスの代役を務める。

 前半は横浜FMがシュート数で上回るも、決定的なチャンスには至らず。両チームとも無得点で折り返す。

 後半半ばを過ぎてから試合の動きは加速し、両チームに決定機が相次ぐ。横浜FMは三好のシュートがDFに当たったあと左ポストを、松原健のシュートがクロスバーを叩くも先制ゴールならず。

 前節決勝点のイサック・クエンカを投入した鳥栖も、左からのクロスに高橋義希が頭で合わせた決定機をGKに阻まれる。横浜FMは83分にもエジガル・ジュニオのミドルシュートがクロスバーに嫌われ、あと一歩で得点に至らないチャンスが相次いだ。

 結局そのまま0-0で試合終了。両チームとも勝ち点1を加えるにとどまった。

【得点者】
なし

ジャンルで探す