乾貴士、古巣戦で2戦連続ゴール! キックフェイントでGK翻弄。巧みにシュート

乾貴士【写真:Getty Images】

【アラベス 1-1 エイバル リーガエスパニョーラ第27節】
 
 現地時間9日にリーガエスパニョーラ第27節の試合が行われ、5位アラベスはホームに12位エイバルを迎えて対戦。

 アラベスに所属する乾貴士は先発出場を果たした。同選手にとってエイバルは2015年から2018年まで在籍したチームで、今回は古巣との対戦となる。試合開始して16分、右サイドを抜け出したジョナサン・カレリがゴール前に折り返し、アラベスのボルハ・バストンがシュート。しかし、ゴール上に外してしまう。

 22分にもカレリがゴール前でパスを受けて右足を振り抜いたが、シュートはゴール左に外れた。対するエイバルも38分、ペナルティーエリアの外からルベン・ペーニャがシュートを放ったがゴール上に外れる。

 49分には乾にチャンスが訪れたが、シュートは惜しくもゴール左に。それでも58分、ジョニーの縦パスを受けた乾がキックフェイントでエイバルのGKマルコ・ドミトロビッチを翻弄し、冷静にシュートを放ってゴールを決めた。乾にとっては、前節のビジャレアル戦で移籍後初ゴールを決めたのに続く2戦連続ゴールとなっている。

 しかし71分、ファビアン・オレジャーナがゴール前に折り返したボールにマルク・カルドナが合わせ、エイバルが同点に追いつく。その後はお互いに追加点はなく、試合は1-1の引き分けに終わった。

【得点者】
58分 1-0 乾(アラベス
71分 1-1 カルドナ(エイバル

ジャンルで探す