原口元気、4試合連続の先発フルでアシスト記録も大敗。浅野拓磨も先発フル

原口元気【写真:Getty Images】

【シュトゥットガルト 5-1 ハノーファー ブンデスリーガ第24節】

 ドイツ・ブンデスリーガ第24節が現地時間の3日に行われ、日本代表MF原口元気とFW浅野拓磨の所属する17位ハノーファーが16位シュトゥットガルトと対戦し、1-5で大敗を喫した。

 浅野はトップ下で2試合連続のスタメン出場。原口は右WBで4試合連続の先発となった。ハノーファーはボールを保持するシュトゥットガルトからボールを奪えず、浅野も原口も守備に追われる時間が多くなり、中々ボールを受けることができない。

 試合はいきなりシュトゥットガルトが先制する。4分、右サイドから中央のMFスティーブン・ツバーが受けて、ペナルティエリア手前にいたFWマリオ・ゴメスにパス。上手く反転してシュートを放つと、これがゴールに吸い込まれた。

 続く16分、MFゴンサロ・カストロの右コーナーキックからDFオザン・コバクがヘディングで決め、シュトゥットガルトがリードを広げた。さらに45分、左コーナーキックから再びコバクがヘディングで決め、リードを3点に広げた。

 51分、ペナルティエリア手前の中央で原口がこぼれ球を拾うと、胸トラップからシュートを放つが、これは惜しくもゴール右に外れてしまった。

 すると68分、相手DFラインの裏に抜け出した原口がスライディングで中央にクロスを送ると、これをFWジョナタス・ジェズスがヘディングで突き刺し、ハノーファーが1点を返した。

 だが、シュトゥットガルトに突き放される。78分、右コーナーキックのこぼれ球をツバーがダイレクトシュート。これがDFに当たり、大きく浮いたボールはゴールに吸い込まれた。81分にもツバーにゴールを許し、ハノーファーは大量5失点となってしまった。

 試合はこのまま終了し、1-5でハノーファーが敗戦。リーグ3連敗となった。なお、浅野と原口は共にスタメンフル出場を果たした。

【得点者】
4分 1-0 マリオ・ゴメス(シュトゥットガルト)
16分 2-0 オザン・コバク(シュトゥットガルト)
45分 3-0 オザン・コバク(シュトゥットガルト)
68分 3-1 ジョナタス・ジェズス(ハノーファー)
78分 4-1 スティーブン・ツバー(シュトゥットガルト)
81分 5-1 スティーブン・ツバー(シュトゥットガルト)

ジャンルで探す