アーセナル、夏の補強予算わずか65億円。エジル売却で増える可能性もあるが…

ウナイ・エメリ監督【写真:Getty Images】

 アーセナルの夏の補強予算について、4日に英紙『デイリー・メール』が報じた。

 同紙によると、補強予算はわずか4500万ポンド(約64億5000万円)だという。ただ、アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は最低でも3人の補強を望んでいるとのこと。補強予算を増やすためには、クラブに在籍する選手を売却する必要がありそうだ。

 売却候補とされているのが元ドイツ代表MFメスト・エジル。移籍金を確保できるだけでなく、週給35万ポンド(約5000万円)の負担もなくなる。他にはアーロン・ラムジーダニー・ウェルベックペトル・チェフなどが契約満了により退団する見込みで、各選手の週給分を補強予算にまわせる可能性がある。とはいえ、ファンが望むようなビッグネームを獲得するのは難しいかもしれない。

ジャンルで探す