バイエルン、チェルシーの18歳FW獲得を諦めず。50億円超の再オファーを検討か?

カラム・ハドソン=オドイ【写真:Getty Images】

 ドイツ・ブンデスリーガのバイエルンがイングランド・プレミアリーグのチェルシーに所属するFWカラム・ハドソン=オドイの獲得を諦めていない。夏の獲得に向けて3500万ポンド(約50億円)を超えるオファーを検討していると英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の4日に報じた。

 バイエルンはハドソン=オドイに対してオファーを提示したが、チェルシーが拒否。さらに、チェルシーが同選手に新契約のオファーを出したが、これを拒否し、チェルシーに対してトランスファーリクエストを出したと報じられていた。だが、今冬の移籍はなく、今季終了までチェルシーに留まることとなった。

 だが、バイエルンはハドソン=オドイ獲得を諦めておらず、冬に提示した3500万ポンド(約50億円)を超えるオファーを検討していると同メディアは伝えた。

 また、バイエルンのスポーツディレクターを務めるハサン・サリハミジッチ氏がハドソン=オドイ獲得を熱望していて、「非常にクオリティーのある選手」と話しているようだ。

 バイエルンの念願は夏の移籍市場で叶うのだろうか。

ジャンルで探す