香川真司、悲願のスペイン行きに次の策? それでも実現は困難か

香川真司【写真:Getty Images】

 ボルシア・ドルトムントのMF香川真司は、スペインへの移籍に向けて新たなアプローチをしているようだ。ドイツ『ルール・ナハリヒテン』によると、香川はスペインに強いアドバイザーを雇ったという。

 ドルトムントでほとんど出番がない香川は、今冬の移籍が噂されている。同選手は以前からスペイン行きの希望を口にしていたが、最近ではフランスのボルドーへのレンタル移籍が話題になっているところだ。

 しかし、香川はスペインのアドバイザーを新たに雇用。念願のスペイン行きの可能性を模索しているという。

 ただし同メディアは、やはりスペイン行きが簡単ではないことも伝えている。

 スペイン1部クラブのEU圏外枠は全て埋まっている現状で、香川の年齢やドルトムントでの待遇を考えると、獲得に名乗りを挙げるクラブはなかなか出てこないのではないかとの見解を示した。

 3月で30歳になる香川。スペイン挑戦を望むのであれば、これから何度もチャンスが訪れるとは考えにくい。それだけに、次の一手には慎重なのかもしれない。

ジャンルで探す