決勝T進出決定の日本、次の相手は? 現時点で候補は5チーム、豪州の可能性も

アジアカップ2019決勝トーナメント進出を決めた日本代表【写真:Getty Images】

 現地時間13日に行われたアジアカップ2019グループステージF組第2節の試合で、日本代表はオマーン代表に1-0の勝利を収めた。この結果、1試合を残しての決勝トーナメント進出を決めている。

 森保ジャパンは初戦のトルクメニスタン戦に続いての2連勝でグループ2位以内を確定。同じグループのウズベキスタンも2連勝を飾り、日本とともに決勝トーナメント進出を決めた。最終節の直接対決で日本とウズベキスタンが首位通過を争うが、得失点差ではウズベキスタンが上回っており、引き分けならウズベキスタンが首位通過となる。

 グループFを首位通過したチームは、ベスト16にあたる決勝トーナメント1回戦でグループEの2位チームと対戦。グループFを2位で通過したチームはグループBの2位チームと対戦することになる。

 グループEではカタールとサウジアラビアがともに2連勝で2位以内を確定済み。最終節の直接対決で敗れたチーム(引き分けの場合はサウジアラビア)が2位通過となり、グループF首位チームと対戦する。

 グループBでは2連勝のヨルダンが首位通過を決めている。2位を争うのはその他のオーストラリア、シリア、パレスチナの3チーム。現在2位のオーストラリアは最終節のシリア戦で引き分け以上なら2位通過が決まり、グループFの2位チームと対戦することになる。

ジャンルで探す