51歳カズの契約延長に各国メディアが驚嘆。「日本のレジェンド」「本当に永遠」

横浜FCの三浦知良【写真:Getty Images for DAZN】

 J2の横浜FCに所属するカズこと元日本代表FW三浦知良は、2019シーズンも同クラブの一員としてプレーすることが11日に発表された。世界各国の多くのメディアでもカズの契約延長について報じられている。

 Jリーグの最年長出場記録を更新し続けており、リーグ戦でゴールを決めた最年長プロサッカー選手としてギネス世界記録にも登録されているカズ。2005年に加入した横浜FCとの契約を今年も延長し、プロデビューから34年目のシーズンを戦うことになった。

 英メディア『BBC』は「51歳の日本人ストライカーが新契約」とカズの契約延長について報道。「1986年にキャリアを開始したがまだ歩みを緩める様子はない」と述べ、英国のレジェンドであるスタンリー・マシューズ氏の最年長得点記録を2017年に塗り替えたことも紹介している。

 スペイン『アス』紙は、「ミウラは世界で最もベテランの選手であり日本のレジェンド」と述べ、「オリベル・アトム(『キャプテン翼』海外版での主人公・大空翼の名前)の‭キャラクター誕生のモデルになった」とも伝えた。実際にはキャプテン翼の連載開始はカズがサッカー選手となる前だが、日本が生んだ2人の偉大なサッカー選手として関連付けられている。

 かつてカズがプレーしたイタリアのメディアも契約延長について盛んに報道。セリエAで初めてプレーしてゴールも決めたアジア人選手となったカズについて、『メディアセット』は「ミウラは本当に永遠」「永遠に若さを保つ秘薬を見つけたのだろうか。1967年生まれの日本人は契約を延長してまたも世界を驚かせた」と伝えている。

ジャンルで探す