C・ロナウド、2ゴールで得点ランクトップに浮上。ユーベは19戦無敗で前半戦を終える。

クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

【ユベントス 2-1 サンプドリア セリエA第19節】

 イタリア・セリエA第19節が現地時間の29日に行われ、ユベントスがホームでサンプドリアと対戦し、2-1で勝利した。前節はセリエAで初のベンチ入りとなったFWクリスティアーノ・ロナウドは左のウィングで先発復帰となった。

 今季のセリエA前半戦の最終節となった試合は開始早々にエースが決める。2分、右サイドにいたFWパウロ・ディバラからのサイドチェンジをロナウドがペナルティエリアの左角付近で受けると、中に切り込み右足でシュート。これがゴール右に突き刺さり、ユベントスが幸先よく先制した。ロナウドはこれでリーグ戦13ゴール目となり、得点ランクトップに並ぶ。

 ロナウドのゴールで先制したユベントスは堅い守備でゴールを守り、ロナウド、ディバラ、マリオ・マンジュキッチの3人が良い連携を見せ、攻撃の主導権を握っていく。だが、サンプドリアにPKを与えてしまい、FWファビオ・クアリャレッラに決められ、1-1の同点とされる。

 同点に追いついたサンプドリアだが、その後もユベントスに主導権を握られる。すると61分、ユベントスのコーナーキックからサンプドリアDFアレックス・フェラーリの手にボールが当たる。一度試合が中断し、主審がビデオアシスタントレフェリー(VAR)で確認したところ、ハンドの判定。このPKをロナウドが決め、この日2ゴール目を挙げた。これでロナウドは14得点となり、セリエA得点ランクトップに躍り出た。

 だが、サンプドリアがチャンスを作る。後半AT、ユベントスGKマッティア・ペリンがDFアレックス・サンドロに出したゴールキックをサンプドリアが奪う。その奪ったボールからパスを受けたDFリッカルド・サポナーラが左足でシュート。これがゴール左に綺麗に決まるが、試合がまたも中断。主審がVARで確認すると、サポナーラがオフサイドポジションにいたため、オフサイドの判定。土壇場でのゴールが取り消された。

 VARに助けられたユベントスが2-1で勝利し、リーグ戦17勝2分0敗の首位で前半戦を折り返した。

【得点者】
2分 1-0 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
33分 1-1 ファビオ・クアリャレッラサンプドリア
65分 2-1 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)

ジャンルで探す