イングランド、躍進の秘密は「バスケ」にあり。驚異のセットプレー、専門コーチの存在価値【ロシアW杯】

ロシアワールドカップのベスト4が出揃った。準々決勝でスウェーデン代表を下したイングランド代表は、7大会ぶりの準決勝に駒を進めている。彼らの大きな武器はセットプレーだ。緻密に設計され、事前の入念な準備によって繰り出される破壊的な一発が、スリーライオンズの躍進を支えている。(文:舩木渉)

イングランドはまたしてもセットプレーからゴールを奪った。ハリー・マグワイアが先制ヘディング弾【写真:Getty Images】

11得点中8得点がセットプレーから

 ロシアワールドカップのベスト4が出揃った。準々決勝でスウェーデン代表を下したイングランド代表は、7大会ぶりの準決勝に駒を進めている。彼らの大きな武器はセットプレーだ。緻密に設計され、事前の入念な準備によって繰り出される破壊的な一発が、スリーライオンズの躍進を支えている。(文:舩木渉)

--------

 イングランド代表が、次々と歴史を塗り替えている。

 ロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦では、ずっと苦手だと言われ続けてきたPK戦に勝利した。ワールドカップでは4度目の挑戦で、勝ったのは初めてだった。

 そして迎えた7日の準々決勝。堅守を武器に躍進していたスウェーデンを2-0で下し、28年ぶりのベスト4進出を成し遂げた。スティーブン・ジェラードも、リオ・ファーディナンドも、マイケル・オーウェンも、デイビッド・ベッカムも、さらには現役時代のガレス・サウスゲイト監督も立つことができなかった舞台が、ワールドカップの準決勝である。

 スウェーデンの守備のアプローチはこれまでと大きく変わらなかった。4-4-2のコンパクトなブロックを敷き、相手をサイドに追い込んでいく。4バックはペナルティエリアの幅を保つため、中央からシュートを打つのは容易ではない。サイドからクロスを上げても、190cm級の長身DFたちがことごとく跳ね返していく。しばらくはイングランドもこの守備に苦しめられた。

 試合の流れが大きく変わったのは、30分だった。アシュリー・ヤングが蹴った左コーナーキックに、中央でハリー・マグワイアが強烈なヘディングシュート。ついにスウェーデンの堅守を破った。

 今大会、イングランドはセットプレーで驚異的な強さを発揮している。グループリーグから通じて11得点を奪っているが、流れの中で挙げたゴールはスウェーデン戦の2点目など3つのみ。一方、PKを含むセットプレーから8つものゴールを記録している。

 これは今大会で断トツトップの数字であるばかりか、イングランドがワールドカップで優勝した1966年大会と同じ数だという。当時は決勝までの試合数が現在より1試合分少なかったものの、イングランドは計11得点を挙げていた。

 セットプレーは試合の流れに関係なくゴールを奪える「別の試合」とも言える。主導権は100%攻撃側にあり、あらかじめ準備したように選手たちを動かし、意図した通りにゴールネットを揺らせる大きなチャンスがある。

 ロシアワールドカップではビデオアシスタントレフェリー(VAR)導入の影響もあってPKの増加や、セットプレーからのゴールの重要性が見直されつつあるが、イングランドは大会前から周到に準備を重ねてきた。

 鍵になったのは昨年3月からストライカーコーチとして入閣した、アラン・ラッセルという人物である。スコットランド出身で、主に下部リーグでプレーしていた37歳の元ストライカーが、今大会はセットプレーをデザインする仕事にも従事してきた。

イングランドに入り込んだアメリカンスポーツ

 サウスゲイト監督は、英『BBCラジオ5』のポッドキャスト内で「セットプレーは得点でも失点でも大きな割合を占める。(ワールドカップのような)大会ではより重要になっていくだろう」と述べた上で、2つの強豪国からインスピレーションを受けていることも明かした。

「スペインとドイツはともに素晴らしいサッカーをしているが、セットプレーから何得点決めたのか、あるいはスペインの場合はセットプレーからの失点がどれだけ少ないかを見てみると、それが彼らの成功において重要な役割を果たしていたのは間違いない」

 今月4日、米『ウォールストリート・ジャーナル』には、サウスゲイト監督が今年2月にアメリカでNBAを観戦し、世界最高峰のバスケットボールからサッカーのセットプレーに通ずる考え方を学んだという記事が掲載されていた。

 その時、実は同じミネソタ州ミネアポリスで行われたNFLのスーパーボウル、ミネソタ・イーグルス対ニューイングランド・ペイトリオッツの試合も観戦していた。アメリカンフットボールのシーズン最強を決める戦いからも、サッカーのセットプレーへのヒントを得たようだ。

 この指揮官の学びが、ラッセルの経験と噛み合った。現役時代の終盤をアメリカで過ごしていたストライカーコーチは、アメリカンフットボールを目の当たりにして、大きな影響を受けたという。元チームメイトのタム・マクマヌスが英『BBC』に次のように語った。

「アランはアメリカに行った時、アメリカンフットボールにオフェンス、ディフェンス、キッカー、クォーターバック、ランニングバックと違う役割のポジションに、それぞれ専門のコーチがいることを見てきたのだと思う」

 サッカーでポジション専門コーチがいるのはGKくらいだった。そこでラッセルはストライカー専門コーチという分野を開拓して子どもの指導から始め、いまでは会社も立ち上げ、イングランド代表のコーチにまで上り詰めた。そしてアメリカでの経験を生かせるセットプレーの設計も担うようになった。

 イングランドのセットプレーには、バスケットボールの要素がふんだんに散りばめられている。ピック・アンド・ロール、スタック、スクリーンと呼ばれる基本的なチームオフェンスの技術をサッカーのピッチ上で応用し、効率的にゴールを奪っている。

 例えばスウェーデン戦のマグワイアのゴールの場面。ペナルティエリアの端にマグワイアとハリー・ケインラヒーム・スターリングジョン・ストーンズの4人が固まって立つ。そこからヤングがボールを蹴った瞬間にケインとスターリングが相手のマークを引きつけてブロックしながら前進し、2人が空けたルートにマグワイアがマークを剥がしながらカーブを描いて走り込んで打点の高いヘディングシュートを叩き込んだ。まさにバスケットボールのスクリーンやピック・アンド・ロールの動きである。

「試合の中のもう1つの試合」をいかに制すか

 スウェーデン戦では、これ以外でもセットプレーの狙いは一貫していた。ペナルティエリアの端で4人が縦に隊列を組み、1人がニアサイドへ、2人がファーサイドに走って相手ディフェンスをブロックし、中央に最後の1人が走り込んでヘディングシュートを狙うという形がベースである。

 隊列に入る4人はファーサイド要員にケインとジョーダン・ヘンダーソン、ニアサイドにストーンズ、そして中央にマグワイアとなっていた。ニアサイドとファーサイドの人数を入れ替える、中央に走り込む選手をマグワイアからストーンズに変えるなどいくつかのバリエーションも用意されていた。

 相手によって縦列を組む位置や、選手の距離感などを細かく変えているが、やり方そのものはグループリーグと大きく変わっていない。初戦のチュニジア戦でケインが決めたヘディングシュートも、第2戦でのストーンズの一発も、バスケットボールの技術を応用してデザインされたセットプレーから生まれた。

 ケインはパナマ戦の後、「アランは練習を終えると、相手DFやGKの弱点をどこでうまく利用できるかについて僕たちに教えてくれる。僕たちは全員がトッププレーヤーだから、彼は技術をどう使うか、ボールをどう蹴るかを教えてくれるのではない。ほんのちょっとのことが僕たちを強くしてくれる。彼がやってくれた攻撃のセットプレーも今ではうまくいっているし、練習の中でかなりやっているよ」とラッセルによる指導の効果を絶賛していた。

 サウスゲイト監督も「アランはセットプレーのためにより多くの時間を費やしている。我々はこの大会でセットプレーを非常に重要だと考えており、改善できると感じていた」と、入念な準備の成果が出てゴールが多く生まれていることに手応えを感じているようだ。

 前回大会までセットプレーからのゴールは25%程度しかなかったが、ロシアでは40%以上のゴールがセットプレーからもたらされている。イングランドやサウスゲイト監督は、このような変化を予測し、あらかじめ「試合の中のもう1つの試合」とも言えるセットプレーを入念に準備してきた。

 キッカーを務めるキーラン・トリッピアーアシュリー・ヤングのボールの精度も、得点力アップを大きく助けている。味方が身を粉にして作ったルートを走ってジャンプする選手の頭に正確にパスを届け続けるのは至難の業だ。

 創造性からはかけ離れているかもしれない。だが、効率的かつ効果的にゴールを奪うための方法としてのセットプレーの活用は、勝利への近道であることに間違いない。イングランドの新たな歴史は、緻密な計算と入念な準備をもとに作られようとしている。

(文:舩木渉)

ジャンルで探す