クロアチアが「選手追放」の混乱にも揺らがない理由。強く結ばれた“家族”の絆【ロシアW杯】

クロアチアは、ロシアワールドカップ・グループリーグにおいて圧巻の強さを見せた。しかし、初戦ではニコラ・カリニッチが交代出場を拒否して追放&強制送還される事件も起きている。選手の造反劇はチームを壊す要因ともなるが、クロアチアはどのチームよりも団結した姿を見せている。(文:長束恭行)

現在のクロアチア代表は家族のような強固な絆で結ばれている【写真:Getty Images】

モドリッチやチョルルカも追放を支持

 クロアチアは、ロシアワールドカップ・グループリーグにおいて圧巻の強さを見せた。しかし、初戦ではニコラ・カリニッチが交代出場を拒否して追放&強制送還される事件も起きている。選手の造反劇はチームを壊す要因ともなるが、クロアチアはどのチームよりも団結した姿を見せている。(文:長束恭行)

---------

 4ヶ国の実力が拮抗し、ロシアワールドカップにおいて最も「死の組」に近いとされたグループD。ナイジェリア、アルゼンチン、アイスランドといった難敵を次々と蹴散らしたクロアチア代表は、優勝候補の一角へと躍り出た。巷でよく使われる「監督解任ブースト」という言葉に習うのならば、クロアチア代表が発動させたのは「選手追放ブースト」だ。犠牲になった造反者は、FWニコラ・カリニッチである。

 事件が起こったのは、6月16日に行われた初戦のナイジェリア戦だった。2-0とリードした残り5分、ズラトコ・ダリッチ監督からFWマリオ・マンジュキッチとの交代出場を指示されるも、カリニッチは背中の痛みを訴えて拒否。試合後はチームメイトと勝利を祝うことなく、1人だけドレッシングルームに直行してしまった。

 チームの和を乱す行為に対してダリッチ監督はカリニッチ本人の説明と謝罪を待ったが、翌日も監督に挨拶することもなく不遜な態度を取り続けた。これを重く見た指揮官は、主将のMFルカ・モドリッチと重鎮のDFヴェドラン・チョルルカに相談を持ちかけた。

「監督、選択肢なんてないですよ。奴をチームから追放して下さい」

 両者の支持を取りつけたダリッチ監督は、カリニッチに対してロシアからの帰国を命令。荷物をまとめたカリニッチはメッセンジャーアプリで「幸運を祈る」とチームメイト全員にメッセージを送ったものの、反応したのは2人しかいなかったという。6月18日、事件発覚後最初の囲み取材で、ダリッチ監督はやや紅潮した顔でメディアの前に立った。

「ナイジェリア戦でウォーミングアップを終えたニコラは後半にピッチに入る必要があったが、『背中が痛くて入る準備ができていない』と言った。同様のことがブラジルとの親善試合(6月3日)でも起こっており、昨日の練習でも彼は準備ができていなかった。私はそれを冷静に受け止めた。彼は3度に渡って『準備ができていない』と言う。私は準備ができた選手、健康な選手が必要なので、彼を家に送り返すことに決めたんだ」

 簡潔に、それも外交的にカリニッチ追放の経緯を説明したが、口調から造反劇が起きたことはありありだった。

ハリルホジッチ監督が語る“チーム”

 天性のゴール嗅覚と巧みなポストプレーを備えたカリニッチは、リソースの限られたクロアチア代表にとっては貴重なオプションだった。代表出場41試合のうち、半分以上(24試合)は交代出場にもかかわらず15得点を記録。昨年11月9日のギリシャとのワールドカップ欧州予選プレーオフ第1戦ではダリッチ監督の先発起用に応え、先制点につながるPKをもらうだけでなく、得意のバックヒールで追加点を相手ゴールへと流し込んだ。

 しかし、昨季のカリニッチは移籍先のミランで大スランプに陥ったことで代表内のステータスも低下。ホッフェンハイムで好調の後輩アンドレイ・クラマリッチにも抜かれ、ワールドカップ出場に対して焦りを感じていた。

 これまで大舞台はEUROを3度経験しているものの、4番手FW、3番手FW、2番手FWとステータスは回を追うごとに上がりはすれど、出場時間は計136分間に留まっている。サポーターの不評を買ったミランを1年で追いやられるのは確実だっただけに、彼自身がロシアワールドカップに期するものは尋常ではなかったはずだ。

 ただ、クロアチア国内でカリニッチを擁護する者は少なく、世論は圧倒的に追放を「英断」として尊重している。ネット上のアンケートでは実に「86%」がダリッチ監督支持に回った。クロアチア最大のスポーツ紙『スポルツケ・ノヴォスティ』の代表番、ドラジェン・アントリッチは追放劇を報じた記事をこう結んでいる。

「クロアチア代表で大会中に選手が追放されたのは初めてで、これは最大の激震といえる。だが、よくやった、ダリッチ監督。まだ、攻撃のオプションは充分に残されている。クロアチアの野心は低くなるどころか、更に高まるだけだ」

 カリニッチに同情を寄せた1人が、前日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチだ。1982年のスペインワールドカップではユーゴスラビア代表の予選突破の原動力になったのにもかかわらず、本大会では政治的な理由が絡んで出場時間が計61分間に限られた。『GOAL』のクロアチア語版のインタビューで彼はこう語る。

「ユーゴスラビア最優秀選手にも選ばれ、ワールドカップでは出場機会がたくさんあると確信していたのに、トレーニングで監督の構想に自分がないと分かった時の不愉快な気分といったら。私は怒ったし、失望もしたし、他の選手以上に練習量を増やした。しかし、規範の枠外へと飛び出すことは一度もしなかった。

カリニッチもそう振る舞うべきだったのだ。彼がどう感じているかは自分の肌を通して知っている。ただ、監督にとっても単純な話ではない。試合に出たくとも23人全員が出られないことも選手たちは尊重せねばならない。そんな選手時代の苦い経験から、今は選手たちに対してなるべく誠実であろうと励んでいるのかもしれないね」

第2次黄金世代の「家族の絆」

 現在のクロアチア代表はモドリッチやマンジュキッチ、イヴァン・ラキティッチなどメガクラブで活躍中のタレントが数多く揃うチームだが、フランスワールドカップで初出場3位の偉業を達成した黄金世代のチームと絶えず比較をされては、無様な敗退と厳しい批判が繰り返されてきた。

 20年前のワールドカップで得点王に輝き、一時は「英雄」と持て囃されたダヴォル・シュケルは、拙著「東欧サッカークロニクル」でも書いたように、クロアチア・サッカー協会会長のポストにしがみつくだけで国内問題には無為無策の「裸の王様」を演じている。

 あらゆる逆風の中、第2次黄金世代の主力陣にとっては、このロシアワールドカップが20年前のチームに追いつき、追い越すラストチャンスとなる。今のチームは合宿時からSNSを通して「Obitelj(家族)」のキーワードと共に情報を発信してきた。それだけに周囲を敬うことを忘れたカリニッチの振る舞いは決して許されるべきものではなかった。

 監督就任から8ヶ月ほどのダリッチ監督にとっても、カリニッチの追放劇を通してオーソリティー(権限)を確立したといえる。それでも直後に迎えたアルゼンチン戦では選手たちに強権をちらつかすどころか、彼らをリラックスさせ、試合を楽しんでもらおうと、直前のトレーニングでは細かい戦術について何一つ話さなかったという。

 ニジニ・ノヴゴロド・スタジアムに解き放たれた選手たちは、リオネル・メッシ擁する南米の強豪に襲いかかり、後半の3ゴールであっさりと勝負を決めた。記念すべき「100キャップ」を後半アディショナルタイムの守備固め要員として達成したチョルルカは、試合後にこう清々しく語る。

「自分の置かれているステータスをどう捉えているっかって? クロアチア代表のためならば観客席に座る準備もできている。それも必要とあらばカテゴリー3の椅子でも大丈夫さ!」

 アルゼンチン戦で早くもグループ突破を決め、ターンオーバーで挑んだアイスランド戦のスタメンに「ニコラ・カリニッチ」の名前はなかったが(※第2GKのロヴレ・カリニッチは出場)、もはや彼のことを口にする者は誰もいなくなった。練習における紅白戦ではアシスタントコーチのイヴィツァ・オリッチがカリニッチの代役を難なく務めている。

 しかし、一発勝負の決勝トーナメントに入ったのち、もしマンジュキッチに不測の事態が起きれば、身体を張れるセンターフォワードの代役がいないことが懸念の1つだ。それでも今のクロアチア代表ならば、強い絆で結ばれた「家族」としてあらゆる困難を乗り越えていけるだろう。

(文:長束恭行)

ジャンルで探す