ルヴァン杯、プレーオフ進出8チームが決定。気になる組み合わせは…

浦和レッズは李忠成のゴールで勝利してプレーオフ進出【写真:Getty Images for DAZN】

 JリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ最終節の各試合が16日に開催され、プレーオフステージに進出する8チームが決定した。

 グループAでは、1位と2位に位置していたベガルタ仙台と横浜F・マリノスがそれぞれFC東京アルビレックス新潟に勝利。そのままプレーオフステージ進出を決めた。

 グループBではヴァンフォーレ甲府がすでに突破を決め、静岡の2チームがもうひとつの枠を争っていた。ジュビロ磐田が甲府に、清水エスパルス北海道コンサドーレ札幌にそれぞれ勝利を収めた結果、首位に浮上した磐田が甲府とともにプレーオフへ進んだ。

 浦和レッズ、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島の3チームが突破を争っていたグループCでは、浦和が広島に1-0で勝利。ガンバ大阪は名古屋グランパスに1-4で大敗しながらも2位を守って勝ち進んだ。

 ヴィッセル神戸が突破を決めていたグループDでは、もうひとつの枠をめぐって湘南ベルマーレとV・ファーレン長崎が直接対決。2-0の勝利を収めた湘南がプレーオフステージ進出を果たした。

 この結果、プレーオフステージの組み合わせは以下のように決定。準々決勝進出を懸けた対戦は6月2日と9日にホーム&アウェイで行われる。2日がグループ2位チームのホームゲームとなる。

ベガルタ仙台(グループA1位) vs 湘南ベルマーレ(グループD2位)
ジュビロ磐田(グループB1位) vs ガンバ大阪(グループC2位)
浦和レッズ(グループC1位) vs ヴァンフォーレ甲府(グループB2位)
ヴィッセル神戸(グループD1位) vs 横浜F・マリノス(グループA2位)

ジャンルで探す