新生長崎が次なる一手! シーチケ分割払いの次は「事前に駐車場予約」サービス

V・ファーレン長崎【写真:Getty Images】

 駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社が21日、J1リーグのV・ファーレン長崎と提携し、トランスコスモススタジアム長崎内にある駐車場(約1400台)において、事前の予約が可能になったことを発表した。

 J1に昇格したことで昨季以上に注目を集める長崎。当然、多くの観客がホームスタジアムに訪れることが予想される。ただ、駐車台数には限りがあるため訪れた全ての人が停めることが出来るとは限らない。それによって交通渋滞、駐車トラブル、周辺道路への影響など、様々な問題が引き起こされるだろう。

 発表によれば、「akippa」で駐車場を事前予約することで、確実に駐車、スタジアム付近の交通渋滞を解消、違法駐車の防止が期待出来るという。Jリーグのクラブはかねてから駐車場問題を抱えていただけに、新たな対策方法として注目を浴びそうだ。

 昨年4月、経営危機が表面化したV・ファーレン長崎の株式を100%取得して子会社化した「ジャパネットたかた」。今年1月には分割払いが可能なシーズンチケット(V・パスポート)を販売開始していた。「金利・手数料はジャパネットたかたが負担」するという画期的なもの。他のJリーグクラブに先駆けて革新的なプランを発表していたが、今回の“次なる一手”もまた革新的と言えそうだ。

ジャンルで探す