サラーは「売る必要があった」。ファンに我慢を求めるローマSD

リバプールでゴールを量産するモハメド・サラー【写真:Getty Images】

 ローマのスポーツディレクターであるモンチ氏は、FWモハメド・サラーの放出は防げなかったと語っている。伊メディア『スカイ』が伝えた。

 昨年夏のローマからリバプールへ移籍したサラーは、イングランドで大活躍中だ。そのサラーを5000万ユーロ(約67億円)手放したローマには、特にファンから疑問の声が出ている。

 モンチ氏は「最終的にこの額に達した。その瞬間に売る必要があったんだ。それは重要なオプションだった。サラーの価値は、さらに高まるかもしれない。だが、それが新しい移籍を可能にした」とコメント。「リバプールの最初のオファーは3200万ユーロとボーナス300万というオファーだったよ」と、交渉の末に引き出した額だと話した。

 そして、ローマのファンには我慢を求めた。「ファンが望んでいるのは勝利だ。ただ、私の仕事は勝つだけのクラブをつくることじゃない。ファンは約束を望んでいない。求めているのは結果だね。私は受け入れるが、少し信じてもらいたい」と、ファンに忍耐を求めた。

 ローマは現在、セリエAで4位に位置している。

ジャンルで探す