スポーツ

ハリル監督、ベルギーに敗戦も「負けるに値しなかったゲーム」と内容に胸を張る

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

 日本代表は現地時間14日、ベルギー代表と対戦し0-1で敗れた。

 前半は0-0で終え、3失点した10日のブラジル戦の教訓を生かしたプレーを見せた日本。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「しっかりポジションもとって、いいゲームの入り方をしたので結果は少し残念」と語る。

 失点は相手の左ウィングバックを務めていたナセル・チャドリのドリブル突破を複数人で囲みながら止めきれなかったところから生まれた。「3人、4人で簡単に抜かれてしまったのが少し残念」とハリルホジッチ監督は守備対応のまずさを悔やむ。

 しかし、「負けるに値しなかったゲーム」とも感じている。指揮官は「これもフットボール」と、内容がともないながら結果につながらなかった試合を振り返った。

 ブラジル戦は圧倒的な力の差を見せつけられ、ハリルホジッチ監督は「我々は存在していなかった。ブラジルをリスペクトしすぎた側面があった」と認めた。

 それから中3日で自信を失ったチームに軌道修正を施し、FIFAランキング5位の相手に「今日は我々がゲームをコントロールした」と胸を張る。ただ唯一の後悔が「得点のチャンスもいくつかあったんですけれども、残念ながら入らなかった」こと。それが1失点と2連敗につながってしまった。