スポーツ

酒井宏樹、先制点アシストでマルセイユの久々勝利に貢献。前節の悔しさ晴らす

マルセイユの酒井宏樹【写真:Getty Images】

 フランス・リーグアン第6節の試合が現地時間の17日に行われ、マルセイユはアウェイでアミアンに2-0の勝利を収めた。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は先発でフル出場し、1アシストを記録している。

 前節レンヌ戦は前半途中での交代を強いられる悔しい試合となった酒井だが、アミアン戦にも3試合連続の先発で出場。0-0で迎えた53分には右サイドを攻め上がってパスを受け、ダイレクトでのクロスを入れると、FWクリントン・エヌジエが体で押し込んで先制点を奪った。

 エヌジエはその直後にも2点目を記録。前節まで2連敗を喫していたマルセイユだが、開幕2連勝以来4試合ぶりとなる白星を挙げることに成功した。順位も前節時点での10位から暫定6位へと再浮上している。