スポーツ

浦和、大逆転でACLベスト4。顔面キックで10人になった川崎Fから4得点

浦和、大逆転で川崎Fを下す【写真:Getty Images】

【浦和レッズ 4-1(2試合合計5-4) 川崎フロンターレAFCチャンピオンズリーグ準々決勝 第2節】

 13日に行われたAFCチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦の浦和レッズ対川崎フロンターレは、4-1でホームの浦和が勝利し、2試合合計5-4で準決勝進出を決めた。

 敵地での第1戦を1-3で落としている浦和は、2-0か3点差以上の勝利が必要な状況ということで、積極的な立ち上がりを見せる。

 しかし、先制点を決めたのは守って隙をうかがう川崎Fだった。19分、中村憲剛のスルーパスにエウシーニョが抜け出すと、浦和GK西川周作の飛び出しのまずさも手伝ってゴールネットが揺れる。

 それでも浦和は諦めず、35分に反撃開始。矢島慎也のスルーパスに興梠慎三が反応すると、うまく右足で流し込んで1-1とした。その3分後には浦和に追い風。川崎Fの車屋紳太郎が高く上げた足の裏で興梠の顔を蹴るような形となってしまい、主審は迷わずレッドカードを提示した。これで川崎Fは10人になり、浦和の攻撃が活気づく。

 だが、中村憲剛を下げて田坂祐介を投入し守備意識を高めた川崎Fの集中力は切れず、後半に入ってもなかなか1-1からスコアが動かない。68分には左からのクロスに興梠がほぼフリーで入ったが、ヘディングシュートはGKの正面。スタジアムが落胆する。

 それでも70分、ようやく待望の2点目が決まった。右からのCKに途中出場のズラタンがヘディングで合わせて逆転に成功。2試合合計スコアは3-4となる。

 あと1点獲れば2試合合計スコアで同点にできる浦和は、84分にラファエル・シルバがペナルティエリア内でパスを受けると、鋭い反転から右足のシュートを決め、ついに3-1とした。

 浦和はたたみ掛ける。85分、森脇良太がペナルティエリア内に入れたボールに高木俊幸が見事なダイレクトボレーで合わせて4-1とし、逆転に成功した。

 1点で状況をひっくり返せる川崎Fだったが、数的不利で長い時間を戦ったチームにその力は残されておらず、試合は終了。浦和が2試合合計5-4で川崎Fを下した。

 浦和は準決勝で上海上港と対戦する。

【得点者】
19分 0-1 エウシーニョ(川崎F)
35分 1-1 興梠(浦和)
70分 2-1 ズラタン(浦和)
84分 3-1 ラファエル・シルバ(浦和)
85分 4-1 高木(浦和)