【W杯】敵将ピクシーも唖然 ブラジル代表FWリシャルリソンの圧巻ジャンピングボレー弾に称賛「大会史上最高のゴール」

【写真:ロイター】

【写真:ロイター】

1点を挙げて迎えた後半28分、ヴィニシウスからのパスを受けて完璧な2点目をマーク

 ブラジル代表FWリシャルリソンは、現地時間11月24日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ第1戦セルビア代表戦で2ゴールを挙げ、チームを2-0の快勝に導いた。特に、圧巻のアクロバティックボレーで奪った追加点に驚きの声が上がっている。

 攻めるブラジル、耐えるセルビアの構図で前半はスコアレス。後半もブラジルペースで進むなか、後半15分には左サイドバックのDFアレックス・サンドロが無回転の強烈ミドルを放つもゴールポスト直撃し、内側に跳ねたがゴールの外へと転がっていった。

 攻めながらゴールが生まれないブラジルに少し嫌なムードが流れ始めたが、ついに後半17分に均衡が破れた。ネイマールの中央突破からヴィニシウスがシュートを放ち、GKが弾いたこぼれ球にリシャルリソンが詰めて先制。1-0のリードを奪った。

 その後はセルビアがセットプレーからゴールに迫る場面があったが決められない。逆にブラジルは後半28分、左サイドからヴィニシウスが右足アウトサイドで強いボールを中央に入れると、リシャルリソンはゴールに背を向けた状態で真上にボールを浮かせるコントロール。そこから身体を捻りながらジャンピングボレーで叩き込むスーパーゴールで、リードを2点に広げて勝負を決めた。この一撃には、名古屋グランパスの選手や監督として馴染み深い、セルビアのドラガン・ストイコビッチ監督も唖然とするしかなかった。

 米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」公式ツイッターは、「ワールドカップ史上最高のゴールが決まった」と称賛している。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す