【W杯】野口健氏「日本人サポーターに救われる思い」 厄介なゴミ拾いから「感謝、感謝です」

登山家の野口健氏が日本ファンに言及(写真はイメージです)【写真:ロイター】

登山家の野口健氏が日本ファンに言及(写真はイメージです)【写真:ロイター】

カタールW杯でも注目を浴びる日本人サポーターのゴミ拾い

 森保一監督率いる日本代表は11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第1戦でドイツ代表と対戦し、先制されながらも2-1で逆転勝利を飾った。試合後に日本人サポーターたちがスタンドを清掃する行動に注目が集まるなか、登山家の野口健氏が「日本人サポーターに救われる思い」と胸中を明かしている。

 日本人サポーターの清掃行為はもはやお馴染みで、世界的にも広く認知されつつある。ドイツ戦で勝利後もいつものようにゴミを拾うサポーターの姿が目撃されており、各国メディアが一斉に報じて称賛の声が上がっている。

 そんななか野口氏は自身のツイッターを更新し、「富士山麓で厄介なゴミ拾いが続き、げんなりさせられていただけにカタールでの日本人サポーターの行いに救われる思い。感謝、感謝です。日本代表選手たちもロッカールームを綺麗にしていたこと、また鶴の折り紙を感謝の印として残していった事に地元からは感激の声が上がっています。素晴らしい!!!」と絶賛した。

 また海外メディアが注目を寄せている記事を紹介しつつ、「日本人サポーターのマナーの良さは以前から国際的に注目されていました。以前、日本代表が負けた試合でも日本人サポーターがゴミ拾いを行った。欧州ではフーリガンが社会問題となっていただけに『日本人に学ぶことが多い』と報じられた」とツイートしている。

 さらに「日本人サポーターの行いが世界に注目され他国のサポーターもそれに影響されるでしょう」と続けてツイートしていたなか、サウジアラビアの試合で同国ファンがスタンドでゴミ拾いする様子が報じられており、日本人サポーターは良いお手本になっているようだ。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す