【W杯】ドイツ代表DFの“奇妙なステップ”に母国大手紙も困惑 「からかっているのか?」

ドイツ代表DFアントニオ・リュディガー【写真:ロイター】

ドイツ代表DFアントニオ・リュディガー【写真:ロイター】

日本が2-1でドイツを撃破 リュディガーの奇行が話題に「笑いを起こそうとした」

 日本代表は現地時間11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)の初戦でドイツ代表と対戦。2-1の逆転勝利で大金星を飾った。一方、試合中にドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが見せた“奇妙なステップ”に母国の大手メディアも「からかっているのか?」と疑問を投げかけている。

 日本は序盤からドイツの流動的な攻撃に苦しめられると、前半31分にGK権田修一がペナルティーエリア内でDFダビド・ラウムを倒してPKを献上。キッカーを務めたMFイルカイ・ギュンドアンに冷静に決められ先制点を許してしまう。しかし、後半に3バックへと切り替えると、流れは徐々に日本へ。後半30分、MF南野拓実の折り返しをGKマヌエル・ノイアーが弾き出したところにMF堂安律が詰めて同点ゴールを奪うと、同38分にはセットプレーからFW浅野拓磨が逆転ゴールをマーク。優勝候補ドイツを相手に2-1の逆転勝利を収めた。

 一方、世界で話題を呼んでいるのが、後半途中にあったリュディガーの振る舞いだ。日本の縦パスに走り込んだ浅野に対し、リュディガーが余裕を持って制した際に、両足を高く上げて奇妙なステップを披露していた。守備対応をしたあとも浅野に向けて笑顔を見せているようにも映っていた。

 このシーンを受け、ドイツ大手紙「BILD」は「リュディガーは対戦相手をからかったのか?」と見出しを打ち、「勝利を目前にしたリュディガーは、多くの笑いを起こそうとした」と言及。また、「リュディガーは浅野の方を見続け、ニヤニヤせずにはいられなかったようだ…」と説明している。

 同紙は、浅野自身をからかう意図はなく、残り時間で日本のチームを苛立たせる目論見があったのではないかと戦略的な狙いのあったジェスチャーと推測していたが、「それでも最後に笑ったのは日本…」と自虐的に締め括っていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す