【W杯】日本代表の“森保采配”を海外メディア絶賛 「素晴らしい戦術」「4度世界一のドイツを…」

日本代表を率いる森保監督【写真:ロイター】

日本代表を率いる森保監督【写真:ロイター】

過去優勝4度を誇る強豪国相手に大金星、海外メディアも大注目

 日本代表は11月23日にカタール・ワールドカップ(W杯)初戦でドイツ代表と対戦し、前半にPKで先制を許したが、後半に2得点を奪って逆転勝利。過去優勝4度を誇る強豪国相手に大きな価値ある白星を手にした。攻撃的なカードを多く切って逆転を導いた森保一監督の采配が絶賛されている。

 日本は前半31分、ペナルティーエリア内でGK権田修一がDFダビド・ラウムを倒してPKを献上。これをMFイルカイ・ギュンドアンに決められて先制を許し、0-1で前半を折り返した。

 日本は後半開始と同時にMF久保建英を下げてDF冨安健洋を投入し、3バックに変更した。同12分にはDF長友佑都に代えてMF三笘薫、FW前田大然に代えてFW浅野拓磨を投入。その後もMF田中碧に代えてMF堂安律、DF酒井宏樹に代えてFW南野拓実と攻撃的な選手を次々にピッチに送り込んだ。

 するとこの采配がズバリ的中。同30分に左サイドから崩して堂安が同点ゴールをゲット。さらに同38分にはDF板倉滉のロングボールに抜け出した浅野がネットを揺らして逆転に成功した。

 海外メディア「The Coaches’ Voice」のツイッターは「森保一監督が素晴らしい戦術の変更と交代策を見せ、日本が4度の世界チャンピオン経験を持つドイツを下した」と日本代表の指揮官の手腕を絶賛。「彼は4-2-3-1から3-4-3に変更し、より多くの攻撃の脅威を生み出した」とシステム変更が鍵になったと指摘した。

 現地時間22日にサウジアラビア代表がアルゼンチン代表を下したのに続く、アジア勢による大金星。指揮官の勇気ある采配が貴重な勝点3を日本にもたらした。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す