日本代表の明暗…「こりゃあ凄い!」と脱帽の最高点&不安を残した2人は? 金田喜稔がアメリカ戦出場の全17選手を採点

アメリカを2-0で下した日本【写真:ロイター】

アメリカを2-0で下した日本【写真:ロイター】

【専門家の目|金田喜稔】安定感を欠いた吉田、ミスが散見した中山

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランキング24位)は9月23日、ドイツ・デュッセルドルフでのキリンチャレンジカップでアメリカ(同14位)と対戦し、MF鎌田大地とMF三笘薫のゴールで2-0の勝利を収めた。「天才ドリブラー」として1970年代から80年代にかけて活躍し、解説者として長年にわたって日本代表を追い続ける金田喜稔氏が、この試合に出場した17選手を5段階(5つ星が最高、1つ星が最低)で採点した。

   ◇   ◇   ◇

<GK>
■権田修一(清水エスパルス/→ハーフタイムOUT)=★★★★☆(4つ星)
 日本のプレスが効いて、枠内に飛んだ危険なシュートは皆無だった。良い悪いと評価するようなシーン自体が少なかったものの、クロスに対して積極的に飛び出すなどゴールを守り切った。クロス対応の際に痛めて交代したのは気がかり。

<DF>
酒井宏樹(浦和レッズ/→ハーフタイムOUT)=★★★★☆(4つ星)
 怪我もあり状態が心配だったがコンディション自体は悪くない印象。絶好調というわけではないが、競り合いでは相変わらずの強さを見せ、速いアーリークロスを送るなど攻撃面も健在。前半のみだったが、上々のパフォーマンスだった。

■冨安健洋(アーセナル)=★★★★★(5つ星)
 代表復帰戦で安定していた。ビルドアップは頭一つ抜けていたし、気の利いたパスも出せる。スピードもあり裏を取られても難なく対応できるうえ、ヘディングも強いのだから申し分ない。さらにセンターバック(CB)で先発し、後半は右サイドバック(SB)とユーティリティー性も発揮して勝利に貢献した。本番を見据えるとやはり最終ラインの柱という印象だ。

吉田麻也(シャルケ)=★★★☆☆(3つ星)
 前半、クロス対応で相手をフリーにして危ない場面も見られた。後半には前に出てチャレンジしたところでボールを奪われ、ショートカウンターからあわや失点というシーンは不安材料。W杯ではやられかねない場面で、やや安定感を欠いた。

中山雄太(ハダースフィールド・タウン)=★★★☆☆(3つ星)
 バタバタ感が否めず、無理したパスミスも散見した。ミスが重なる時が目立ってしまう。ミスが起こり得るものだが、即座に立て直す力がほしいところ。相手のレベルが高ければ高いほど狙われるので、W杯を考えると不安は否めない。

遠藤と守田のコンビは最強か 鎌田は攻撃の中心的存在、伊東のプレーは気を付けたい

<MF/FW>
■遠藤 航(シュツットガルト)=★★★★☆(4つ星)
 攻撃に力を注ぐ鎌田を背後からサポート。さらに守田と連動しながらスペースを的確に埋めた。守田とのバランスも良く、中盤で連動しながらボール奪取をしていた。守備を安定させながら、機を見て攻撃参加するコンビとしては、守田との組み合わせが最強か。

■守田英正(スポルティング)=★★★★☆(4つ星)
 6月に大敗した試合では守田が不在だった。ここでボールが落ち着き、テンポ良く捌けるのは大きい。遠藤の負担を軽減させる意味でも、不可欠な存在であることを改めて証明した。守田がいることで遠藤が生き、その逆もしかり。どんなシステムであれ、遠藤と守田は必要になりそうだ。

■鎌田大地(フランクフルト/→後半41分OUT)=★★★★★(5つ星)
 ゴールを決めて勝利に貢献した。シュートへの積極性が際立ち、局面を打開するテクニックも光る。攻撃の中心的な存在であり、評価を高めた1人だ。背後で遠藤と守田の守備に支えられ、安心して攻撃に出て行けた点も大きい。鎌田自身も守備で助けており、攻守両面で尽力した。

伊東純也(スタッド・ランス/→後半23分OUT)=★★★★☆(4つ星)
 右サイドの候補には堂安律もいるが、現時点では伊東がベストチョイス。立ち上がりに見せたカットインからのシュートはさすが。縦への突破からクロスまで1人で持っていける。ただ気になったのは、カードが出そうなプレーがあった点。下手したら一発退場もあり得た。W杯で気を付けたい。

■久保建英(レアル・ソシエダ/→後半23分OUT)=★★★★☆(4つ星)
 ソシエダではFWだけでなく、左サイドでプレーした試合もあり、攻撃に随所に絡んでいた。中に入って鎌田と連動したかと思えば、中山を上がらせて攻撃に厚みを加えた。攻撃的なポジションならどこでもやれる選手なので問題はない。欲を言えば、セットプレーのキックでもう少し怖さがほしいところ。

前田大然(セルティック/→ハーフタイムOUT)=★★★☆☆(3つ星)
 前線からプレッシングし、相手MFタイラー・アダムスへのパスコースを強く意識して寄せていた印象。高い位置からボールを奪う姿勢を前面に出し、相手にプレッシャーをかけ続けた点は評価に値する。守備面での貢献度は高いものの、攻撃面での絡みが少なく物足りない。

1本のパスでチャンスにつながる期待感があるシュミット、伊藤もこの日の収穫

<途中出場>

伊藤洋輝(シュツットガルト/DF/←ハーフタイムIN)=★★★★☆(4つ星)
 CBの左に入り、フィード能力の高さを発揮。板倉滉が負傷離脱しているなかバックアッパーとして期待が懸かる1人。時折正確性を欠くプレーも見られるが、高さとフィードは魅力で、十分計算できるという点ではこの日の収穫と言える。

シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/GK/←ハーフタイムIN)=★★★★☆(4つ星)
 クリーンシートに貢献。足もとにボールが入った時、相手のプレスを受けても慌てる素振りはなく、安心して見ていられる。フィード能力を見せつけた場面もあった。精度の高いパスを出せるので、伊東や三笘が前線にいたら1本のパスでチャンスにつながる期待感がある。

■町野修斗(湘南ベルマーレ/FW/←ハーフタイムIN)=★★★☆☆(3つ星)
 相手が後半から盛り返したこともあり、見せ場を作れずに終わった。ボールを追う時間が長く難しさがあった。シュートまでの形を作れず、森保監督へ猛アピールとはいかなかった。

■三笘 薫(ブライトン/MF/←後半23分IN)=★★★★★(5つ星)
 ボールをロストしたり奪われる場面もあったなかで、最後まで果敢にチャンスを狙い続けたからこそ、あのスーパーゴールが生まれた。独特の間合いとフェイクで翻弄し、まさにイメージどおり。自分のスタイルを出し切ったのだから、「こりゃあ凄い!」と素直に脱帽。チームに不可欠であることを改めて印象付けた。

■堂安 律(フライブルク/MF/←後半23分IN)=★★★★☆(4つ星)
 惜しいシュートもあり、中に切れ込んだ場面も良さが出た。積極的に攻撃に絡んで活性化させた点を評価。堂安の得意な形があるので、途中出場の時は周りがそれを引き出せるかがポイントになる。

■原口元気(ウニオン・ベルリン/MF/←後半41分IN)=※短時間のため採点なし
 W杯最終予選のようにクローザーとして投入。その役割を担う存在として、森保監督が信頼しているのが窺える。信頼しているからこその必勝パターンのようなものだ。(金田喜稔 / Nobutoshi Kaneda)

ジャンルで探す