米圧倒の日本代表、W杯を見据えたシステムが機能した理由 好調な選手たちが持ち味を随所に発揮…見事に「ハマった」狙い

4-2-3-1システムでアメリカ戦に臨んだ日本代表【写真:Getty Images】

4-2-3-1システムでアメリカ戦に臨んだ日本代表【写真:Getty Images】

高い位置からのプレッシングが奏功、ショートカウンターが脅威に

 日本代表は9月23日に行われた国際親善試合でアメリカ代表と対戦し、2-0で勝利した。この試合に森保一監督は、アジア最終予選の序盤で用いていた4-2-3-1の布陣を採用。1トップではFW前田大然(セルティック)が先発し、MF鎌田大地(フランクフルト)がトップ下を務めた。所属クラブで結果を出せている好調な選手が、それぞれの持ち味を出せたというのは、アメリカ戦で4-2-3-1が成功した要因の1つだろう。

 試合後、鎌田は「ビルドアップから攻撃ができていたわけではないが、守備からショートカウンターがハマった」と語っている。この試合の日本で最も光ったのは、まさにこの部分。前線の選手たちが高い位置でプレスを仕掛け、そこでボールを取り切り、すぐにフィニッシュまで持ち込めたことだ。

 まずはプレッシングの部分だが、ここで大きかったのが前田の存在だ。これまで森保ジャパンの1トップでは、DFを背負いながらボールをキープして、味方の攻め上がりを促せるFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)が軸だった。しかし、大迫が負傷によって不在となった時、同じ役割をこなせる選手は、なかなか見つからなかった。世界的に見ても、決して身体が大きくない日本人だが、今回、起用された前田やFW古橋亨梧(セルティック)のように、俊敏性で世界と戦える選手たちはいる。今回、古橋ではなく、前田が起用されたのは、より最前線での守備力があるからだろう。

 セルティックでも高く評価されている絶え間のない、前田の高速プレッシングは、アメリカの最終ラインからのビルドアップを何度も混乱させた。そこにしっかり2列目の鎌田、MF伊東純也(スタッド・ランス)、MF久保建英(レアル・ソシエダ)も連動し、4-2-3-1の3-1でボールを奪い、そのままフィニッシュに持ち込む場面が少なくなかった。

 2列目が3人に増えたことにより、より効果的に高い位置でプレッシングを仕掛けることができた。それにより、アメリカの最終ラインからのビルドアップよりも、日本の前線のプレッシングが上回れたことが大きかった。より最終ラインの選手たちの技術が高いドイツやスペインが相手になった時、プレス回避されることは増えるかもしれないが、少なくともアメリカ戦では十分に機能したし、前田の動きに連動してボールの出どころを潰す戦い方ができた。

 ハイプレスが機能するという前提ではあるが、ドイツやスペインと戦う際の戦術としても、なるべく自分たちのゴール前から遠い位置でプレーさせて、失点の可能性を低くするというのは理に適っている。

 また前線でボールを奪った直後、トップ下を置いていたことでボールを前に付けるポイントが増加した点も、ショートカウンターの成功を支えた。この試合、1点では物足りなく感じるほど、鎌田は決定的な場面でフィニッシャーになることができた。昨シーズンはUEFAヨーロッパリーグ(EL)でゴールを量産し、今季は舞台を問わずにハイペースで得点を重ねているが、フランクフルトで見せている強みを代表チームでも出すことができた。

遠藤航に引きを取らなかった守田英正、中盤の強度を維持しながらボール奪取力も発揮

 前線の選手たちがハードワークを見せ、相手の攻撃の出所を明確にしたことで、うしろの選手たちにも攻撃を跳ね返しやすい状況ができた。それでも、トップ下を置いたことにより、セントラルハーフが1枚削られる形になったなか、MF遠藤航(シュツットガルト)とMF守田英正(スポルティング)がピッチの横幅を2人でカバーしたことは特筆に値する。

 アジア最終予選からインサイドハーフで起用されていた守田だが、これまでも「アンカーでプレーできるところを見せたい」と語るなど、自身の適正はより守備的なポジションだと話していた。実際にこの試合でも、ブンデスリーガのデュエル王である遠藤に引けを取らないボール奪取力を見せる場面もあり、2人が並び立つことで中盤における強度も高く保つことができていた。

 守田とともに、この日の中盤を支えた遠藤は、「彼はもともとあれくらいできる」と断言。「ただ、より自信を持っている。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でプレーしていて、ステップアップしている。ボールを持った時の次につける場所は良くなっていると思う。自分も上手く間で受けつつ、守田のところも使いつつというのはあった」と、アンカーとインサイドハーフではなく、ダブルボランチとしてのプレーに手応えを感じ取っていた。

 インサイドハーフより、少し低いボランチに入ることになった守田だが、鎌田の決勝ゴールの際には前線へ入り込み、アシストを記録している。本人も「90分通してゲームメイクできた」と語っているが、前線のハイプレスが光った試合にあって、マン・オブ・ザ・マッチに推したくなるパフォーマンスで攻守にわたって存在感を示していた。思い返せば、日本がチュニジアに0-3と大敗した6月シリーズでは、守田が負傷欠場していた。今回、自らのプレーによって、日本代表の中盤に不可欠な存在であることを証明することに成功した。

 森保監督は試合後の会見で、4-2-3-1が機能した理由に「システムとしては新しく試したわけではなく、4-1-4-1の前は長く4-2-3-1だった」と、真新しいことを試したわけではないと語った。それでも、1トップの選手の特徴が変わり、W杯で戦う強豪を意識したなかで、これまでと違う意図があったのは間違いない。久しぶりに採用した4-2-3-1が機能したのには、クラブで好調な選手たちが起用され、長所を引き継げる形でプレーできたことに加え、W杯アジア最終予選や各国リーグを戦うなかで、成長を遂げて自信を深めてきたことが大きかっただろう。(河合 拓 / Taku Kawai)

ジャンルで探す