森保Jの最高評価&W杯行きへ「スタンプを押した」選手は? アメリカ戦出場17選手+監督をブラジルメディアが採点

スタメン出場で勝利に貢献したMF守田英正【写真:Getty Images】

スタメン出場で勝利に貢献したMF守田英正【写真:Getty Images】

鎌田、三笘のゴールで2-0の完封勝利

 森保一監督率いる日本代表は9月23日、ドイツ・デュッセルドルフでのキリンチャレンジカップでアメリカ(FIFAランキング14位)と対戦し、MF鎌田大地、後半から出場したMF三笘薫の得点で2-0の勝利を収めた。この試合でフル出場し攻守に貢献したMF守田英正がブラジルメディアはチームトップの評価に。ともに中盤を支えた相棒にも次点で高評価を与えて称賛を送っている。

 序盤から積極的な前線のプレスで攻撃の起点を作り、立ち上がりから流れを掴む日本は前半24分、トップ下起用の鎌田がショートカウンターから冷静にゴールネットを揺らす。一度はオフサイドの判定となるも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の確認の末、ゴールが認められた。

 その後、森保監督は後半頭からGKシュミット・ダニエル、DF伊藤洋輝、FW町野修斗を投入。DF酒井宏樹を交代で下げた右サイドバックにDF冨安健洋をスライドし、主将のDF吉田麻也と伊藤でセンターバックを組んだ。

 後半23分には両サイドハーフの交代でMF堂安律と三笘を投入。すると同43分、三笘が得意の左45度方面からのカットインで右足シュートを決め、試合終盤で待望の追加点を奪い、結果日本が2-0で勝利を収めている。

 ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は、アメリカ戦に出場した日本代表の17選手と森保監督を採点(10点満点)。そのなかでボランチとしてフル出場した守田にチーム最高点の「7.5」を与えた。

「守備だけでなく、前線のきっかけとなる縦パスを出すなど、攻撃との連動性にも優れていた。遠藤がマークに徹するようになったことで、自由に攻撃をサポートできるようになり、鎌田のゴールにつながるパスを出すことができた」

得点を決めた鎌田、三笘は「6.5」 ワールドカップへ「パスポートにスタンプを押した」

 また、守田とコンビを組んだMF遠藤航と、指揮官である森保監督には「7.0」と次点で高評価を与えている。遠藤には「中盤の巨人、アメリカにプレーを作らせず、ほとんどの対決に勝ち、何度もボールを奪った」と記し、森保監督については「クラブで好調な選手を優先し、フル稼働に近い状態でチームを編成した。日本は試合を支配し、米国に危険な動きをほとんどさせず、堂々と勝利を収めた」と采配を称賛した。

 得点を決めた鎌田、三笘についてはそれぞれ「6.5」の点数を付け、鎌田には「2度目のチャンスでゴールを決め、より効果的な役割であるセントラルMFとして日本の攻撃をリードした。まだメンバー入りが確定したわけではないが、今日でワールドカップへのパスポートにスタンプを押したと言えるだろう」と記し、三笘に対しては「試合を決定づける見事なソロゴールを決めるまで、前に出続けた。国際試合出場わずか8試合で5点目を決めた」とレポートしていた。

 カタール・ワールドカップ(W杯)の最終登録メンバー発表前までに行われる強化試合は、今回のアメリカ戦に加えて、27日のエクアドル戦を残すのみとなっている。9月の2連戦初陣で、まずは幸先の良い結果を手にした森保ジャパンが、エクアドル戦でも好調を維持できるか。今回出番のなかったFW南野拓実や古橋亨梧らの出番にも注目が集まる。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す