「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

ゴールを決めた三笘薫【写真:Getty Images】

ゴールを決めた三笘薫【写真:Getty Images】

鎌田大地が先制ゴール、後半23分から途中出場の三笘薫がダメ押し弾

 森保一監督が率いる日本代表は9月23日、ドイツ・デュッセルドルフでアメリカ代表と国際親善試合を行い、MF鎌田大地(フランクフルト)とMF三笘薫(ブライトン)のゴールで2-0と勝利を収めた。三笘のドリブル弾に世界が注目し、海外記者たちから「見事な個人技」「素晴らしいゴール」と賛辞を浴びている。

 4-2-3-1システムを採用した日本は、1トップに前田大然(セルティック)、左に久保建英レアル・ソシエダ)、右に伊東純也(スタッド・ランス)、トップ下に鎌田を配置。DF酒井宏樹浦和レッズ)が2月1日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選サウジアラビア戦以来の出場となったなか、同25分にショートカウンターを繰り出した日本が鎌田の一撃で先制に成功する。

 後半に入って次々と新たなメンバーを送り出した日本は、後半23分にMF堂安律(フライブルク)と三笘を投入。するとこの起用も的中し、終了間際の後半43分にボールを持った三笘が圧巻のドリブルを披露する。

 左タッチライン際でパスを受けた三笘は、左45℃から相手と対峙しながらゴール方向へドリブルを開始。相手は三笘のドリブルに合わせて下がりながらボール奪取の機会を窺うなか、細かい絶妙なタッチで相手を翻弄し、相手が身体の向きを変えた一瞬の隙を見逃さず一気に加速する。瞬間的に2人に囲まれるも置き去りにすると、エリア内でカバーに入った3人目の前で右足を振り抜いてゴール右隅に流し込んだ。

 三笘の圧巻プレーに海外記者たちがツイッターで反応。米スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版ジャーナリストのレオナルド・ベルトッツィ氏は「三笘の見事な個人技から2点目が生まれた」と絶賛。スポーツジャーナリストのサム・ストリート氏も「ブライトンの三笘薫の個人技による素晴らしいゴールで日本がアメリカを2-0と下した」と綴り、米スポーツ専門メディア「The Athletic」英国版特派員のアンディ・ネイラー氏は「三笘のペース、ダイレクトさ、フィニッシュのもう1つの例。ブライトンの左ウインガーがベンチから登場し、デュッセルドルフでの日本対アメリカの勝利を完成させた」と脱帽していた。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す