「W杯前に心配な敗戦」 日本に2失点、“完敗”アメリカに米メディア失望「何度もピンチに」

2失点で敗れたアメリカ代表【写真:Getty Images】

2失点で敗れたアメリカ代表【写真:Getty Images】

前後半に1ゴールずつ許し、日本との強化試合で0-2敗戦

 日本代表は9月23日(現地時間)にドイツ・デュッセルドルフでアメリカ代表と国際親善試合で対戦し、2-0で勝利した。米スポーツ専門局「ESPN」は、このゲームを「がっかりな敗戦」と、内容の部分でも失望感があるものだったと報じた。

 両チームともに欧州でプレーする選手の多い構成になったが、アメリカはイングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーに所属するFWクリスティアン・プリシッチが試合前の準備段階で負傷して欠場。これを「タリスマン(お守り)を欠いた」と表現したアメリカチームの戦いぶりには、不満が募ったようだ。

 日本は前半25分にMF鎌田大地が先制ゴールを決め、後半43分には途中出場のMF三笘薫が追加点を奪った。ほかにも鎌田や途中出場のMF堂安律のシュートをプレミアリーグのアーセナルに所属する相手GKマット・ターナーがファインセーブで凌ぐ場面があり、アメリカのチャンスは多くなかった。

 同メディアは「アメリカのずさんなプレーの後、鎌田にシュートを決められ先制された。アーセナルのGKマット・ターナーは、日本がリードを広げるのを防ぐために何度もピンチにさらされることになった。三笘が日本の2点目を決め、アメリカはワールドカップ(W杯)を前に心配な敗戦を喫することになった」と、レポートしている。

 本大会で日本はドイツ、スペイン、コスタリカと欧州の強豪2チームを含む厳しいグループに入っている。一方のアメリカはイングランド、イラン、ウェールズとの組分けで、決勝トーナメント進出を巡る2位争いの中では本命視する声もある。

 しかし、この日の日本戦で見せた試合内容と結果は、米メディアからも本大会に向けて不安感を与えるものになった模様だ。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す