決勝弾の鎌田大地が喜び露わ「日本代表でのゴールは格別」 アメリカ撃破に貢献…森保Jでも際立った実力

先制ゴールを決めたMF鎌田大地【写真:ロイター】

先制ゴールを決めたMF鎌田大地【写真:ロイター】

トップ下でスタメン出場、前半のゴールで2-0勝利に貢献

 日本代表MF鎌田大地(フランクフルト)は9月23日にドイツ・デュッセルドルフで行われたアメリカ代表との国際親善試合で先制ゴール。チームを2-0の勝利に導いて「日本代表でのゴールは格別だと思う」と話した。

 昨季ドイツの名門フランクフルトでUEFAヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献した鎌田は、カタール・ワールドカップ(W杯)を2か月後に控えた重要なテストマッチで4-2-3-1のトップ下でスタメン出場。相手ボール時には4-4-2に変化してボランチへのパスを監視しながらセンターバックにプレスをかける役割も担った。

 敵陣でボールを奪う回数を増やした日本は前半13分には前線からのプレスが機能して敵陣でボールを奪うと鎌田がGKと1対1になるビッグチャンス。しかし、これは反応鋭くセーブされてしまった。

 さらに同25分にも日本は敵陣でのボール奪取からショートカウンター。中央からのラストパスをペナルティーエリア内の左サイドで待った鎌田が蹴り込んだが、際どいオフサイドの判定。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)も時間をかけて確認した際どいプレーはオンサイドの判定となりゴールが認められ、これが先制ゴールになった。

 鎌田は後半にもカットインから放ったシュートがGKにセーブされる場面があっただけに、試合後には「今日は自分にシュートのチャンスが多かったので1点取れたのは良かったけど、2点目を取れるとチームが楽になったと思う。もう少しシュートを決められるようにならないと」と反省の言葉が口を突いた。

 一方で、普段プレーするドイツでの代表戦で決勝ゴール。鎌田は「ドイツでなくても場所はどこでも」としたものの、「日本代表でのゴールは格別だと思う」と喜んだ。

 多士済々な2列目が揃う森保ジャパンだが、所属チームのレベルやプレーの充実度という点では鎌田がトップと言える部分もある。本大会に出場するアメリカを相手に、改めてその実力を見せる結果になった。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す