元日本代表FW前園氏、中盤を支える遠藤航&守田英正の能力を絶賛 「2人のバランスはとてもいい」

中盤を支えるMF遠藤航と守田英正【写真:Getty Images】

中盤を支えるMF遠藤航と守田英正【写真:Getty Images】

試合を中継するフジテレビ副音声で前園真聖氏が登場

 森保一監督率いる日本代表は9月23日、ドイツ・デュッセルドルフでのキリンチャレンジカップでアメリカ(FIFAランキング14位)と対戦。試合を中継するフジテレビで、元なでしこジャパン(日本女子代表)FWでタレントとして活躍する丸山桂里奈さんと副音声を担当する元日本代表FW前園真聖氏が、中盤を支えるMF遠藤航守田英正を絶賛している。

 カタール・ワールドカップ(W杯)の最終登録メンバー発表前までに行われる強化試合は、今回のアメリカ戦と27日のエクアドル戦の2試合を残すのみとなっている。この2試合は、最終的なメンバー選考に大きな影響を与えることは間違いないが、同時にカタールW杯で初のベスト8進出を目指すチームの強化としても重要な試合だ。

 迎えたアメリカ戦では序盤から日本がポゼッションを高める展開のなか、攻守で躍動する遠藤と守田に言及している。

「中盤でしっかり守田と遠藤がいいポジショニングを取り、攻撃を組み立てて、プレスを回避して冷静に前線へボールを供給している。この2人のバランスはとてもいい」

 続けて、「守田はワンタッチでプレーできる。見ているところ、目がすごくいい」と守田のプレーの特徴を絶賛。「視野が広く、見えているから一回ボールを止めなくてもワンタッチでボールを供給できる」とその理由を解説していた。

 試合は前半を終え、MF鎌田大地の先制ゴールで1-0のリードで後半に突入している。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す