「日本強い」「俺たちのCBはクソ」 アメリカ代表、安堵の溜息→鎌田の“ゴール認定”に嘆き節

日本代表がリードで後半の戦いへ【写真:Getty Images】

日本代表がリードで後半の戦いへ【写真:Getty Images】

前半27分、鎌田の一撃はオフサイド判定から最終的にゴールのジャッジ

 森保一監督率いる日本代表は9月23日、ドイツ・デュッセルドルフで行われた国際親善試合でアメリカ代表と対戦。前半27分にMF鎌田大地(フランクフルト)の一撃はオフサイド判定からゴールが認められたなか、アメリカ代表の公式SNSは安堵の溜息から一転、「気にするな」と発信し、ファンから嘆きの声が上がった。

 日本は攻撃陣にFW前田大然(セルティック)、FW久保建英レアル・ソシエダ)MF伊東純也(スタッド・ランス)が並んだなか、前半25分にスコアが動く。高い位置のプレスで伊東が相手のパスをカットすると、MF守田英正(スポルティング)につなぎ左へパス。エリア内でフリーだった鎌田が右足で冷静にシュートを流し込んでネットを揺らした。

 この直後に副審がフラッグを挙げてオフサイド判定。しかし、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のチェックが入り、最終的に鎌田のゴールが認められて日本の先制ゴールとなった。

 アメリカ代表の公式ツイッターは「大きな溜息… 日本代表のゴールはオフサイドの判定が下る」と当初は安堵した様子でツイートしていたものの、そこから判定が覆ると一転して「気にするな」と自国チームを励ますようにメッセージを送っている。その一方、アメリカ代表のファンから「俺たちのCBはクソだ」「なんてこった」「日本が強い」「ひどい守備」など嘆きの声が上がっていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す