「史上最悪のホームデビュー?」 中島翔哉、“一発レッド”足裏タックルに英言及「何年も記憶に残る」

途中出場後に退場処分となった中島翔哉【写真:Getty Images】

途中出場後に退場処分となった中島翔哉【写真:Getty Images】

途中出場後に危険プレーで退場処分

 トルコ1部アンタルヤスポルの元日本代表MF中島翔哉は、現地時間9月17日のリーグ第7節アダナ・デミルスポル戦(0-3)で途中出場からわずか2分後、レッドカードを提示され退場処分となった。英メディアは「史上最悪のホームデビュー?」と取り上げている。

 中島は今月8日、ポルトガル1部FCポルトから完全移籍でアンタルヤスポルへ加入。前節のカイセリスポル戦(0-1)で途中出場し、新天地デビューを飾った。ホームゲームとなった今節もベンチスタートとなったなかで、後半14分からピッチに立ったものの、思わぬ事態となった。

 出場後、中島は前線から果敢にプレスをかけると、左サイドへボールが展開された際、足裏タックルで相手を転倒させてしまう。主審は中島にイエローカードを提示するも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入により、オンフィールドレビューが実施された結果、レッドカードへ変更された。

 中島の足裏は相手の右足へと向かっており、一発レッドのジャッジは妥当なもの。ピッチに立ってわずか2分後の退場宣告はトルコをはじめ、海外メディアで注目され、ポルトガルメディア「Noticias Ultima Hora」では「中島が登場、15秒でファウル…退場処分も」との見出しで「珍しいエピソードがあった」と報じられた。

 英メディア「GIVE ME SPORT」も「史上最悪のホームデビュー?」と見出しを打ち、「中島翔哉のアンタルヤスポルでのホームデビューは、何年も記憶に残るだろう」と、ショッキングな形での本拠地デビューとなってしまったことに触れていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す