「ギリギリ試せるタイミング」 9月シリーズの森保ジャパンメンバー30人を日本代表OBはどう見た?

森保ジャパンは9月に米国、エクアドルと対戦【写真:(C) JFA】

森保ジャパンは9月に米国、エクアドルと対戦【写真:(C) JFA】

【専門家の目|栗原勇蔵】久々の代表活動となる右SB酒井宏樹のプレーは重要

 森保一監督率いる日本代表は、9月にドイツのデュッセルドルフでアメリカ代表(23日)、エクアドル代表(27日)とキリンチャレンジカップを行う。9月15日に発表されたメンバー30人の顔ぶれについて、元日本代表DF栗原勇蔵氏に訊いた。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

   ◇   ◇   ◇

 当初予定されていた26人から、30人まで上限を増やして招集された今回の日本代表メンバーは、欧州リーグでプレーする常連組が順当にベースとなった。そのなかで、今年7月に開催されたE-1選手権に出場したMF相馬勇紀(名古屋グランパス)とFW町野修斗(湘南ベルマーレ)が選出され、DF瀬古歩夢(グラスホッパーCZ)も最終テストの場に呼ばれた。瀬古に関して言えば、DF板倉滉(ボルシアMG)が左膝内側側副靭帯の部分断裂に見舞われたことが大きいだろう。栗原氏も、板倉の不在の影響についてこのように触れる。

「板倉は、吉田(麻也)、冨安(健洋)を抑えて(センターバックの)軸になるんじゃないかというところまで来ていた。吉田のパフォーマンスが戻れば、冨安とのコンビで問題ないかもしれないけど、板倉がしっかりしたプレーが見せられるか見たかった。本大会に間に合わないかもしれない大怪我は計算外。瀬古は板倉の怪我を受けての人選でしょう。上背もあるし、フィードが上手い。国際舞台でどれくらいできるか。ギリギリ試せるタイミングだと思います」

 栗原氏は「おそらく、カタールW杯のメンバー(26人)は、この30人の中から9割何分まで入ると思う。いないメンバーで言えば、(怪我の影響で招集されなかった)大迫勇也が入るかどうかで、それ以外は可能性は低いでしょう」と見解を述べる。

 そういったなかで、栗原氏は守備陣で注目の選手に、今年2月のカタール・ワールドカップ(W杯)最終予選以来の代表活動となるDF酒井宏樹(浦和レッズ)の名前を挙げる。

「CBは吉田と冨安、左サイドバック(SB)は長友佑都か伊藤洋輝、右に酒井が帰ってきた。現時点で酒井のパフォーマンスがどこまで戻っているか。それ次第で山根視来を引き上げ、冨安を右に回すことまでしないといけなくなるかもしれない。山根はいい選手ですいけど、酒井のプレーは日本代表にとって非常に重要です」

大迫の代わりに町野はW杯本大会メンバーに滑り込むか

 攻撃陣に目を移すと、MF南野拓実は今季移籍したフランス1部ASモナコでレギュラーの座を掴めていないのが不安材料だが、一方で、MF堂安律(フライブルク)、MF鎌田大地(フランクフルト)、MF久保建英(レアル・ソシエダ)は好調のキープしている。大迫の“代役”に誰が滑り込むのかを含めて、ポイントだと栗原氏は語る。

「南野はチームで不発で、代表でも今は絶対的な存在かと言われると疑問符が付く。試合に使う理由があるかと言えば難しいですけど、森保監督のこれまでの采配を踏まえると、南野をメンバーからは外さない。左サイドは南野か三笘薫か。右サイドは伊東か堂安、それに久保もいる。1トップは古橋亨梧かなと。大迫が怪我をしているなかで、町野で計算が立てばW杯のメンバー滑り込みも可能性はある。大迫を絶対に本大会で使わないといけないわけじゃない」

 森保監督が、メンバー発表前最後のテストとなる9月シリーズでどんな采配を振るうのか、注目が集まる。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す