元JリーガーがNHKディレクター転身で番組作り 闘莉王“取材指令”で奮闘…「全く知らない世界」で感じた魅力とやりがい

「スポーツの無限の力を番組で伝えていきたい」と語る中川直樹氏が東京・渋谷の放送センター(本部)前で撮影【写真:河野正】

「スポーツの無限の力を番組で伝えていきたい」と語る中川直樹氏が東京・渋谷の放送センター(本部)前で撮影【写真:河野正】

【元プロサッカー選手の転身録】中川直樹(浦和)後編:引退後に大学進学、NHKで番組作りに腐心

 世界屈指の人気スポーツであるサッカーでプロまでたどり着く人間はほんのひと握り。その弱肉強食の世界で誰もが羨む成功を手にする者もいれば、早々とスパイクを脱ぐ者もいる。サッカーに人生を懸けて戦い続けた彼らは引退後に何を思うのか。「FOOTBALL ZONE」では元プロサッカー選手たちに焦点を当て、その第2の人生を追った。

 今回の「転身録」は浦和レッズユースで育ち、その後に浦和のトップチームに昇格したDF中川直樹だ。浦和に2年間在籍し、20歳で現役引退後は早稲田大学へ入学。卒業後に日本放送協会(NHK)に就職し、現在は「公共放送という責任ある立場」で中堅ディレクターとして活動するなか、魅力とやりがいを感じていると明かしている。(取材・文=河野正

   ◇   ◇   ◇

 2003年に浦和へ加入した中川直樹だが、2シーズン限りで契約満了となり20歳でサッカー界から身を引いた。逡巡した末に大学進学を決め、早稲田大学へ入学。卒業後の10年4月にNHKへ入社し、視聴者に訴えかける番組作りに腐心する毎日だ。

 中川は就職先について「業種へのこだわりはなく、マスコミ志望というわけでもなかった」と話した後、「好きなサッカーでさえ辛い思いをしましたから、どんな仕事でも楽しさや辛さはあると思っていました。NHKを受けたのは、スポーツ番組の制作や中継などスポーツに関わる仕事に魅力を感じていたからです」と動機を説明した。

 東京での研修後、5月の大型連休明けに初任地の名古屋放送局に赴任し、報道部に配属された。肩書はディレクターで、最近コンテンツクリエイターに呼称が変わった。

 この年の6、7月にサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会が開催され、同年に浦和から名古屋グランパスに移籍したDF田中マルクス闘莉王が、守備の要人として活躍し日本代表のベスト16入りに貢献。W杯が終わると上司から、至極当然の業務指令がきた。

「闘莉王とはレッズの頃から関係があるのだから、それを生かして取材してほしい」

 中川と闘莉王は04年の1シーズンだけ浦和で同僚だったが、「喋ったこともほとんどないし、仲が良かったわけでもない。闘莉王さんは当時、メディアの取材に応じていなかったのですが、取材交渉したら自分のことを覚えていて引き受けてくれたんです」と義理堅い男の快諾を嬉しそうに回顧した。

 名古屋が悲願のJリーグ初優勝を遂げたのもこの年で、再び闘莉王に密着取材。1年生テレビマンの中川は、6年ぶりに再会した闘莉王への取材を精力的にこなした。

 主な業務は報道番組の制作だ。名古屋放送局赴任当初は、愛知、岐阜、三重で放送する「おはよう東海」でのリポートをはじめ、総合テレビでは「おはよう日本」や「ニュースウオッチ9」で取り上げるレポートに携わった。

 12年のロンドン五輪は現地で中継を担当。体操女子団体で8位、個人総合11位と健闘した愛知県小牧市出身の寺本明日香の特集番組も制作するなど、入社3年ほどはスポーツ関連の仕事が多かったという。

視聴者に喜ばれる情報を提供するため、常にアンテナを張って世情に目配せする。「ニュースになるテーマをものにしないといけないので、興味を引くネタ探しはやはり大変ですね。私が入局した当時は、1年目から自分で番組を作るのが社の方針でした。そこそこ仕事がこなせるようになり、面白さが分かるまでに3、4年は掛かりましたね」。

担当した番組の放送が近づくと緊張するという中川直樹氏【写真:本人提供】

担当した番組の放送が近づくと緊張するという中川直樹氏【写真:本人提供】

さまざまな企画に参画「世の中に横たわるたくさんの問題に気付きました」

 名古屋放送局に5年勤務した後、東京・渋谷にある放送センター(本部)へ転勤。スポーツ情報番組部に所属し、「サンデースポーツ」と「サタデースポーツ」をメインに担当した。16年はリオデジャネイロ五輪、18年は平昌五輪とロシアW杯を当地で取材している。

 時事問題を深掘りする硬派番組の「NHKスペシャル」や硬軟のテーマを扱う「クローズアップ現代」でも時折、スポーツの話題を取り上げたように、東京ではスポーツ番組作りに専心する5年間を過ごした。

 20年から再び名古屋放送局に勤務すると、少しずつ取り扱うテーマや内容が変化していく。時々刻々の社会問題が増えてきたのだ。

「上司に何をやりたいのか聞かれたことが何度かありますが、テーマに関するこだわりはなく、とにかく何でもやりたいんです。いろんな発見があり、経験も積めますから」

中川直樹氏のお気に入りは昨夏放送されたNHKスペシャル「逆境 その先へ“最強”日本バドミントン」だ【写真:本人提供】

中川直樹氏のお気に入りは昨夏放送されたNHKスペシャル「逆境 その先へ“最強”日本バドミントン」だ【写真:本人提供】

 今年は中部7県版の「ナビゲーション」で“命を守る 南海トラフ地震臨時情報”や東海4県向けの「東海 ドまんなか!」で“拡大スペシャル ウクライナ避難民 起死回生狙う地方百貨店”を手掛けた。昨年は「クローズアップ現代+」で“守れる命が守れなくなってきた~医療崩壊危機の最前線~”や“健保が…病院経営が… 揺らぐ医療の土台”、「NHKスペシャル」では“検証 コロナ予算77兆円”の制作に参画した。

 担当した番組の放送が近づくと、決まって怖くなるそうだ。「公共放送という責任ある立場ですし、特に難しいテーマを扱う時は緊張します。サッカーのことしか知らなかった自分が、報道の仕事に携わる過程で世の中に横たわるたくさんの問題に気付きました。自分が全く知らなかった世界に触れ、それを伝えることにすごく魅力とやりがいを感じる」と浦和への加入会見時のような、みずみずしい言葉を発した。

 13年目の中堅社員とあり、NHKスペシャルやクローズアップ現代で興味深いテーマを考案し、興趣に富んだ番組制作を求められるようになった。8月9日に放送されたNHKスペシャル「混迷の世紀 第1回 ロシア発 エネルギーショック」では、次世代エネルギーとして期待される水素を扱ったテーマを担当した。

約2年の継続取材…佳作と自己評価するNHKスペシャル「逆境 その先へ“最強”日本バドミントン」

 佳作と自己評価する番組が、昨年7月18日放送のNHKスペシャル「逆境 その先へ“最強”日本バドミントン」だ。東京五輪へ臨む男子シングルスの桃田賢斗、女子ダブルスの福島由紀廣田彩花ペアに密着した1時間のドキュメンタリーで、中川は“フクヒロ”を担当。「五輪が延期される前から2年近く継続的に取材しました。長期取材だからこそ得られる楽しさに加え、両選手の人柄に魅力を感じたからです」と理由を述べた。

 多様な番組作りにかかわっていくなかで、「スポーツが持つ無限の力をずっと伝えていきたい」と力こぶを入れる。19年10月29日の「サンデースポーツ」では、ロンドン五輪女子近代五種に出場した黒須成美さん、元プロ野球阪神の奥村武博さんにスポットを当てた。「お二人とも、スポーツで養った力が引退後の仕事に生かされ、ものすごい活力になっているという企画です。こういう番組作りはこれからも続けたいですね」と弾むような口調で語った。

 黒須、奥村両氏の生き様と、サッカー選手から転身した中川の現在を重ね合わせているようでもあった。

(文中敬称略)

[プロフィール]
中川直樹(なかがわ・なおき)/1984年6月13日生まれ、東京都出身。浦和レッズユース―浦和。Jリーグ通算0試合0得点。2003年から浦和に2年間在籍し、契約満了を受けて大学進学を決意。1浪の末に早稲田大学商学部に入学し、卒業後は日本放送協会(NHK)に就職。現在はNHKの中堅ディレクターとして精力的に活動している。(河野 正 / Tadashi Kawano)

ジャンルで探す