「即買いだ」「美しい」 イングランド新アウェーユニフォーム、“襟付き&レッド復活”の流出デザインを海外絶賛

イングランド代表アウェーモデルが話題に【写真:Getty Images】

イングランド代表アウェーモデルが話題に【写真:Getty Images】

カタールW杯モデルの新アウェー用ユニフォームデザインがリーク

 イングランド代表の新アウェーユニフォームデザインがリークされ、襟付きの古典的な赤いシャツが反響を呼んでいる。英メディアは「リーク画像はとにかく素晴らしい」との見出しで、海外ファンから寄せられたポジティブな反応を紹介している。

 カタール・ワールドカップ(W杯)に向けたイングランドのアウェー用新ユニフォームのリーク情報を紹介したのは、英メディア「GIVE ME SPORT」だ。ユニフォーム関連に特化した海外メディア「Footy Headlines」でいち早く取り上げられた情報を基に、「イングランドのW杯新アウェーキットのリーク画像はとにかく素晴らしい」との見出しで報じている。

 記事によると、アウェーモデルのデザインは古典的な赤い外観に戻り、1990年から93年のアウェージャージを連想させる伝統的な襟を含むネイビーのトリミングで縁取られているという。胸部分にあるユニフォームサプライヤーのナイキ社のロゴ、そして代表チームのエンブレム“スリーライオンズ”はそれぞれ、ライトブルーでスタイリングされた1着のようだ。

 このデザインについて、「ソーシャルメディア上での初期の反応は概ね肯定的だった」とし、海外ファンから寄せられたコメントも紹介。SNS上では「即買いだ」「素敵なキット」「美しい」との声があったといい、「完璧なシャツではないのは確かだが、この冬に展示される最高のシャツの一つであることは間違いないだろう」とも綴られた。

 イングランドの新ユニフォームを巡っては、ホームキットのデザイン画像が同じく流出し、スカイブルーとネイビーを組み合わせたグラデーションが袖に施されたデザインに酷評の声が殺到。そうした経緯もあって、「GIVE ME SPORT」は「一般的な意見としては、イングランドの流出したアウェー用ジャージは、ホーム用ジャージよりも優れたデザインであるとされているようである」と見解をまとめていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す