ソシエダ久保建英、鮮烈ボレー弾! リーガ開幕戦で新天地“デビューゴール”、ワントラップから絶妙シュート

久保建英が開幕節で先制ゴール【写真:Getty Images】

久保建英が開幕節で先制ゴール【写真:Getty Images】

リーガ・エスパニョーラ開幕戦、カディスとアウェーで対戦

 スペイン1部レアル・ソシエダは現地時間8月14日、リーガ・エスパニョーラ開幕戦でカディスとアウェーで対戦したなか、新加入の日本代表MF久保建英はスタメン出場を果たし、前半24分に右足ボレー弾で先制ゴールをマークした。

 久保は2019年のレアル・マドリード加入後、3シーズン連続でレンタル移籍を繰り返し、今夏にはソシエダへの移籍を決断した。プレシーズンマッチではボルシアMG戦(1-1)、オサスナ戦(1-0)、ボーンマス戦(2-1)、アスレティック・ビルバオ戦(0-1)に出場したなか、カディスとの開幕戦でスタメン入りを果たした。

 ソシエダは4-4-2システムを採用したなか、久保は前線2トップの一角で出場。立ち上がりから積極的にパスを呼び込み、味方との連係から相手ゴール前へ迫るシーンを見せる。前半18分には、CKのキッカーとしてクロスを送り、MFミケル・メリーノの頭へ合わせるも得点にはつながらない。

 迎えた前半24分、メリーノから縦パスにゴール前中央で反応した久保は、左足でワントラップ後、右足で絶妙なボレー弾を叩き込み、先制ゴールを奪取。新天地で早速結果を残し、チームにリードをもたらす働きを見せた。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す