なぜ太田宏介は地元・町田に“帰還”を決めたのか 変わりゆく「夢」と恩返しへの想い

FC町田で育った太田宏介が20年ぶりに町田へ“帰還”【写真:(C) FCMZ】

FC町田で育った太田宏介が20年ぶりに町田へ“帰還”【写真:(C) FCMZ】

【インタビュー】日本復帰を決めていたなかで恩師ポポヴィッチ監督からオファー

 日本代表経験を持つ35歳のレフティーが、地元・町田へ20年ぶりに帰ってきた。DF太田宏介はなぜこのタイミングでオーストラリアを離れ、J2のFC町田ゼルビアへの移籍を決めたのか。新天地でのホームデビューを前に、胸の内を明かしてもらった。(取材・文=石川 遼)

   ◇   ◇  

 太田は2006年に横浜FCでプロデビューし、清水エスパルス、FC東京と渡り歩き、2016年にはオランダ1部フィテッセで欧州にも挑戦。その間に日本代表デビューも飾るなど、順調にキャリアを積み上げていった。オランダでの挑戦を1年で切り上げてFC東京へ復帰したあとも名古屋グランパス、そしてオーストラリア1部パース・グローリーと移籍を繰り返した。

 30歳を超えてオーストラリアへ移籍したのは本人も全く考えていなかったキャリアだったが、経験を重ねるなかで選手として叶えたい「夢」は少しずつ形を変えていった。パース・グローリーでのプレーを最後に、現役生活に終止符を打つ選択肢もあったというなかで、浮かんできたのが町田のことだった。

 いつかは町田で——。そうした想いは太田の中で新たな夢としてやおら形を成し、FC東京時代の恩師でもあるランコ・ポポヴィッチ監督の存在も後押しとなって加入が決まった。現在リーグ戦7位(12勝6分11敗)につけ、J1昇格も射程圏内に入れる町田にとってはこれ以上ない補強となる。

「オーストラリアでは2シーズン過ごして、自分の中で満足していました。契約はあと1年残っていましたけど、このタイミングで日本に帰ろうというのは決めていました。(町田は)僕が小学校、中学校で所属していたクラブで、トップチームの動向は常に追いかけていました。ほかのクラブにいた時も、地元に帰った時にゼルビアの試合があればチケットを買って、野津田まで見に行っていました。移籍はいろいろな偶然が重なるもの。僕が育った町田で、恩師であるポポさんがオファーをくれるなんて本当に“今しかない”タイミング。話をもらった時には条件とか関係なく、絶対に行きたいと正直な想いを伝えました」

7月30日のJ2第29節山形戦で新天地デビュー【写真:(C) FCMZ】

7月30日のJ2第29節山形戦で新天地デビュー【写真:(C) FCMZ】

「まちだ青城祭」でホームデビューの可能性に「相変わらず持ってる」と笑顔

 FC町田ゼルビアの前身、FC町田で育った太田少年はプロサッカー選手となり、およそ20年ぶりの復帰を実現させた。「この年齢(35歳)で必要としてくれるクラブがあること自体すごく幸せなことですけど、それが町田だなんてすごい奇跡。いまだに『これ現実なのか?』ってちょっとフワフワした気持ちです(笑)」。まだ夢見心地の太田だが、本拠地デビューには絶好の舞台が用意されている。

 それが8月6日のJ2リーグ第30節、ホームでの大分トリニータ戦だ。この日は「町田で一番大きな夏祭りをつくる」をコンセプトに、2021年に初開催となった「まちだ青城祭」が開催される。ハーフタイムには天空の城の夜空に花火が上げられるなど、さまざまな催しも行われる一大イベント。プレーオフ(3位から6位に出場権)進出を争う8位大分との直接対決ということもあり、“お祭り男”を自負する太田は「舞台が完全に整いましたね」と意気込みを見せる。

「ホームデビュー戦がそこ(まちだ青城祭)というのは相変わらず“持ってる”なと思います(笑)。お祭り好きとして、もうこれ以上ない機会。スタジアムに来てくれるサッカー少年少女たちに夢を与える機会にもなりますし、試合に勝つことはもちろんですけど、インパクトあるプレーをしたいですね。今日の練習でもフリーキックのフィーリングは良かったですし、ホームデビュー戦でフリーキック、決めます!」

 昨年2月、オーストラリアでのデビュー戦となったブリスベン・ロアー戦(3-1)では途中出場から2アシスト。本人も「どんな時でも慌てず、平常心でプレーできるようになった」と新天地への適応には自信を覗かせる。その豊富な経験と高精度の左足は、J1昇格を目指す町田にさらなる勢いをもたらしてくれるはずだ。

「このクラブで成し遂げたいことはJ1昇格。まずはこれに尽きます。残り14試合。まだまだ可能性はあると思いますし、とにかく目の前の試合に1つ1つ勝って、とにかくこのチームで昇格したい。J1に昇格すれば、もっともっと大きくなれる可能性を秘めたチームだと信じています。自分を育ててくれた町田にいろいろな形で貢献していきたいです」

[プロフィール]
太田宏介(おおた・こうすけ)/1987年7月23日生まれ。東京都出身。FC町田―麻布大学附属渕野辺高―横浜FC清水エスパルス―FC東京―フィテッセ(オランダ)―FC東京―名古屋―パース・グローリー(オーストラリア)―町田。J1通算296試合11得点、J2通算33試合0得点、J3通算2試合0得点、日本代表通算7試合0得点。左足から繰り出す高精度のキックで、攻撃的サイドバックとして存在感を発揮。明るいキャラクターと豊富な経験を生かし、出身地のJクラブ「FC町田ゼルビア」を盛り立てる。

【試合情報】
開催日:2022年8月6日(土)
カテゴリー:J2リーグ第30節「まちだ青城祭」
対戦カード:FC町田ゼルビア vs 大分トリニータ
キックオフ時間:19:00
試合会場:町田GIONスタジアム(石川 遼 / Ryo Ishikawa)

ジャンルで探す