稲本潤一が明かすドイツW杯の真相 日本代表「黄金のカルテット」が輝かなかった理由…“足りなかった力”とは?

稲本潤一はドイツW杯で控えの悔しさと戦いながら力を尽くした【写真:Getty Images】

稲本潤一はドイツW杯で控えの悔しさと戦いながら力を尽くした【写真:Getty Images】

【2006年ドイツW杯戦記|稲本潤一】豪州戦の逆転負けで「選手同士は一体感に欠けた」

 今年11月、いよいよカタール・ワールドカップ(W杯)が開幕する。森保一監督率いる日本代表はグループリーグでスペイン、ドイツ、コスタリカと同グループとなり、“死の組”とも言われる厳しい状況のなか、史上初の大会ベスト8入りを目指す。

 7大会連続となる世界の大舞台。これまで多くの代表選手が涙を流し、苦しみから這い上がり、笑顔を掴み取って懸命に築き上げてきた日本の歴史だ。「FOOTBALL ZONE」では、カタール大会に向けて不定期企画「W杯戦記」を展開し、これまでの舞台を経験した人物たちにそれぞれの大会を振り返ってもらう。2002年、06年、10年とW杯を3回経験した稲本潤一(南葛SC)が、自身2度目の出場となったドイツ大会を回想する。(取材・文=FOOTBALL ZONE編集部・小田智史)

   ◇   ◇   ◇

「サッカーの神様」と呼ばれる元ブラジル代表MFジーコが指揮を執ったジーコ・ジャパンは、中田英寿、中村俊輔(現・横浜FC)、稲本潤一(現・南葛SC)、小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)を同時に起用する“日本版・黄金カルテット”が大きな注目を集めた。稲本はライバルたちとコミュニケーションを取りながら、ベストの形を模索していたという。

「あの中盤を初めて組んだ時、まず『誰が守備をするんだ』と思いました(笑)。伸二とやったり、ヒデさん(中田英寿)とやったりしましたけど、伸二とは『俺がうしろで守備をするから前へ行ってくれ』という会話はしていて、前の俊輔とヒデさんもバランスを見ながら、みんなで上手くできていた。試合中はよくコミュニケーションを取っていましたね」

 ドイツW杯の戦いは、グループリーグ初戦のオーストラリア戦にその大半が凝縮される。前半26分、中村俊輔がGKとDFの間を狙った浮き球がそのままネットに吸い込まれて先制した日本。終盤まで1-0とリードしながら、後半39分から6分間でFWティム・ケイヒルに2発を食らって勝ち越しを許し、アディショナルタイムにはFWジョン・アロイージにダメ押しゴールを奪われ、1-3で敗れた。世紀の逆転負けを喫したショックは、チームに大きなダメージを与えていたと、稲本は改めて振り返る。

「ああいう負け方をして、正直、チームの雰囲気は良くなかったのを覚えています。次の試合を盛り上げていこうと口では言っている反面、やはりショックは大きくて、選手同士は少し一体感に欠けるというか、バラバラなところはあったかなと。ジーコ監督は練習をオープンに見せる方でしたが、シュート練習の時にファンの方からブーイングが飛んだりもしました。チームとして盛り上げて、厳しい状況を乗り越える力が足りませんでした」

初戦の豪州戦逆転負けによるショックがチームの歯車を狂わせた【写真:Getty Images】

初戦の豪州戦逆転負けによるショックがチームの歯車を狂わせた【写真:Getty Images】

選手同士の“意見のぶつかり合い”は「決して悪いことではなかった」

 稲本はオーストラリア戦では出番がなく、続くクロアチア戦もベンチスタート。同じく控えに回った小野とアップをしながら「腐らずにしっかりやろう」「(試合に)出たら仕事をしよう」と鼓舞し合っていたが、試合に出られない悔しさを押し殺すことはできなかったと明かす。

「2002年の日韓大会のように、ゴンさん中山雅史)、秋田(豊)さんがいたらまた違ったかもしれません。僕自身、試合に出られないもどかしさはあったし、自分が前に出てプレーしたいというメンバーが多かった印象なので、全員がチームのことを考えて戦えていなかった。今振り返ってみても、メンバー的にはすごく強いチームだと思います。いい選手が集まっているけど、それだけだとやっぱり勝てないんだなというのが分かった大会だったかなと。ベテランの存在は必要だと痛感しました」

 個性派が揃ったチームは、キャンプ中から主将の宮本恒靖を中心に選手ミーティングを開いて1人1人の意見を出し合い、ぶつかることもあった。福西崇史と中田英寿が激しく言葉をかわすシーンは、稲本の記憶にも残っているという。

「お互いに(オーストラリア戦に)スタメンで出ていて、ディフェンスの位置、仕方で口論になった感じ。“やり合った”みたいに過度に言われているだけで、決して悪いことではなかったと思います。サブ組だった僕とか伸二は、どうアピールするか、練習から結構バチバチ行っていた。やっぱりみんな試合には出たいですし、しのぎを削るなかで、そんなに力の差があるとは思っていなかったですから。殺伐とした紅白戦をやった記憶があります(笑)」

 2試合を終えて、1分1敗でグループリーグ最下位。日本が決勝トーナメントに進出するためには、最低2点差以上の勝利が必要という厳しい状況で第3戦のブラジル戦を迎えた。“怪物”ロナウド、“天才”ロナウジーニョ、名手カカらワールドクラスのタレントを擁する王国から、前半34分に玉田圭司の強烈な左足シュートで先制点を奪ったが、ここからブラジルのギアが一気に上がり、最終的に1-4と完敗を喫した。

「自力でのグループリーグ突破の可能性が残っていたので、(ブラジルの攻撃を)耐えて耐えての先制点で『行けるぞ!』という雰囲気になりました。ただ、そこはさすがブラジルというか、前半終了間際にきっちりと1点を返されて追い付かれた時は気持ち的に少し厳しかったです」

“過去最強”と期待されながら、1分2敗と未勝利で無念の敗退【写真:Getty Images】

“過去最強”と期待されながら、1分2敗と未勝利で無念の敗退【写真:Getty Images】

「上手い選手を揃えるだけではダメ」と痛感

“過去最強”と期待されたジーコ・ジャパンだったが、結局1勝も挙げられないまま大会は終了。ブラジル戦のタイムアップが告げられた瞬間、不動の中心選手だった中田英寿はピッチに倒れ込んで人目をはばからず号泣し、その11日後には現役引退を電撃発表した。稲本も、「ヒデさんが辞めるとは思っていなかった」と語る。

「ブラジル戦がすごく力の差があった試合だったので、ヒデさんのことより、自分のことだけでいっぱいいっぱいでした(苦笑)。次にヒデさんに会ったのは何年もあとです。選手全員が同じ方向を向いて1つになれていたら、もしかしたら大会の結果は違ったかもしれない。厳しい言い方をすれば、少し献身性に欠けていたチーム。上手い選手を揃えるだけではダメで、戦力を前提に、選手の役割、キャラクター、チーム全体のバランスも重要だと思いました。W杯を『いい経験』と表現するのがいいかは分からないところがありますけど、教訓というか、自分のサッカー人生の中ですごくプラスになった大会です」

 2006年ドイツ大会は、華やかさの中に潜む脆さを食い止められず、志半ばでドイツの地を去ることになった。

(文中敬称略)

※2010年南アフリカW杯戦記に続く

[プロフィール]
稲本潤一(いなもと・じゅんいち)/1979年9月18日生まれ、大阪府出身。ガンバ大阪ユース―ガンバ大阪―アーセナルーフルハム―ウエスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)―カーディフ―WBA(いずれもイングランド)―ガラタサライ(トルコ)―フランクフルト(ドイツ)―レンヌ(フランス)―川崎―札幌―相模原―南葛SC。J1通算225試合19得点、J2通算48試合1得点、J3通算10試合1得点、日本代表通算82試合5得点。プレミアリーグの名門アーセナルと契約し、イングランドなど海外4か国を渡り歩いた熟練の万能ボランチ。ワールドカップには計3回(2002年、06年、10年)出場し、小野伸二らが名を連ねる“黄金世代”の1人として、長年日本サッカー界を牽引してきた。(FOOTBALL ZONE編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

ジャンルで探す