「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

リークされた日本代表のユニフォームが話題(※写真はイメージです)【写真:高橋 学】

リークされた日本代表のユニフォームが話題(※写真はイメージです)【写真:高橋 学】

カタールW杯用ユニフォームデザインがリーク、海外ファンが熱視線

 日本代表のカタール・ワールドカップ(W杯)用ユニフォームデザインが流出したなか、海外ファンからは「ベストキットの1つ」「現行モデルより全然いい」といった声が寄せられるなど、注目を集めている。

 森保ジャパンの新ユニフォームデザインは、ユニフォーム関連に特化した海外メディア「Footy Headlines」がリーク。11月に開幕するカタールW杯で着用予定のシャツは、ブルーを主体に、前面と袖を覆うグラフィックが特長の1着だ。

 また、脇下からは赤いラインが伸び、背番号はイエローに。同メディアによると、日本代表の背番号に黄色が採用されたのは1992年のホームキットが初となり、2013年のコンフェデカップでも使われていたなか、カタールW杯モデルで復活を遂げると指摘している。

 日本代表のユニフォームはこれまで、迷彩柄の大胆なデザインが着用されてきたなか、リークされたものはブルーで統一されたシンプルな1着に。「Footy Headlines」の公式SNSには海外ファンから「ベストキットの1つ」「現行モデルより全然いい」といった声が寄せられ、注目を浴びていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す