重傷から復帰の前田直輝、ユトレヒトで練習を再開 クラブ公式が伝える「コンディションを維持している」

ユトレヒトFW前田直輝がトレーニングに復帰【写真:Getty Images】

ユトレヒトFW前田直輝がトレーニングに復帰【写真:Getty Images】

デビュー戦で右足首骨折の重傷を負った

 昨年12月に名古屋グランパスからオランダ1部ユトレヒトへ期限付き移籍したFW前田直輝がチームの練習に合流した。クラブの公式ツイッターが明らかにしている。

 前田は昨年12月、名古屋グランパスから期限付き移籍でユトレヒトに加入。念願の自身初となる海外挑戦を果たしたものの、新天地デビュー戦となったエールディヴィジ第19節アヤックス戦の開始11分、相手の強烈タックルを受けて左足を骨折し、その後のシーズンを棒に振った。

 期限付き移籍期間は6月末で終了しており、名古屋へ保有権が戻ったこととなっていた前田だが、ユトレヒトで練習を再開。クラブの公式ツイッターが練習着を着た前田の写真とともに現状を伝えている。

「デビュー戦で重傷を負ったストライカーの前田直輝は、集中的なリハビリテーションを経て、FCユトレヒトでコンディションを維持しています。日本人は今日から(監督の)ヘンク・フレイザーのチームと一緒にトレーニングします。フィールドで会えて嬉しいです」

 オランダメディア「VP」は負傷した当時「オランダでリハビリを続けていたが、日本に戻らないといけなくなった。そのため、買取オプションを行使できなかった」と報道した。現在、所属チームは明確になっていないものの、前田のコンディションは回復し、実戦復帰に向けてトレーニングを積んでいるようだ。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す