「マジで化け物」 MLS移籍のベイル、レアル時代の圧巻プレーに再脚光「紛れもないレジェンド」

レアル・マドリードで活躍をしたFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】

レアル・マドリードで活躍をしたFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】

2013年から昨季まで在籍したレアル時代のプレー集にファン注目

 ウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、今夏にアメリカ1部メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルスFCへの移籍が決定。そんななか、スポーツチャンネル「DAZN」公式YouTubeチャンネルがベイルのレアル・マドリード在籍時のプレー集を公開すると、「紛れもないマドリーのレジェンド」「ロマンしかない選手」「マジで化け物」などコメントが寄せられている。

 ベイルは2006年にイングランド1部サウサンプトンでプロデビューを果たすと、07年には同トッテナムに移籍。スピード溢れる突破力を武器に活躍を見せ、13年に移籍金約131億円でレアル・マドリードへ活躍の場を移すことになった。

 レアル時代にはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇の偉業を達成するなど、多くの功績を残してきたベイルだが、近年は低調なパフォーマンスに。かつて在籍したトッテナムへの期限付き移籍で再起を図るも、思うような活躍はできなかった。

 昨季限りでレアルを退団後、現役引退の噂もあったなかで、ロサンゼルスFCと1年契約を結んだベイル。ウェールズ代表の一員として11月に開幕するカタール・ワールドカップ(W杯)でのプレーも見据えている。

 そんなベイルがレアル在籍時に披露したプレー集を、スポーツチャンネル「DAZN」公式YouTubeチャンネルが公開。圧巻の突破力から得点を決めるシーンや強烈な左足シュートを突き刺す場面など、ベイルらしさが溢れたプレーの数々に、コメント欄には「紛れもないマドリーのレジェンド」「ロマンしかない選手」「マジで化け物」「1番好きな選手」などといった声が並んだ。

 ロサンゼルスFCへの移籍決定に際し、「6か月、12か月のために来たわけではなく、できるだけ長くいたい」と語ったベイル。MLSでの活躍と集大成となるカタールW杯で輝く姿を再び見ることができるだろうか。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す