元Jリーガーから史上2人目のJ担当主審へ 現役時代に考え続けたプロサッカー選手のあるべき姿

J2通算159試合出場の経験を持つ御厨貴文【写真:Getty Images】

J2通算159試合出場の経験を持つ御厨貴文【写真:Getty Images】

【元プロサッカー選手の転身録】御厨貴文(元甲府、草津、富山)前編:元Jリーガーとして史上2人目のJ担当主審になった訳

 世界屈指の人気スポーツであるサッカーでプロまでたどり着く人間はほんのひと握り。その弱肉強食の世界で誰もが羨む成功を手にする者もいれば、早々とスパイクを脱ぐ者もいる。サッカーに人生をかけ、懸命に戦い続けた彼らは引退後に何を思うのか。「FOOTBALL ZONE」では元プロサッカー選手たちに焦点を当て、その第2の人生を追った。(取材・文=河合拓

 今回の「転身録」は、ヴァンフォーレ甲府、ザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)、カターレ富山を渡り歩き、J2で通算159試合に出場したのち、審判員としてJリーグの舞台に戻ってきた御厨貴文(38歳)だ。スピード豊かなDFとして活躍し、ピッチ内外の模範的行動から草津と富山ではチームのキャプテンも任された男が、嫌いな言葉として「ファンサービス」を挙げた理由とは――。

   ◇   ◇   ◇

 2022年1月10日、第100回全国高校サッカー選手権大会の決勝が、国立競技場で行われた。青森山田高が4-0と大津高を圧倒した一戦では、キックオフ前から主審に注目が集まっていた。今回の主人公は、その主審を務めた御厨貴文。ヴァンフォーレ甲府、ザスパ草津、カターレ富山の3クラブでプロサッカー選手として活躍した男が、セカンドキャリアに選んだのは、プロのサッカーレフェリーだった。

「選手を引退して、次の仕事としてレフェリーを目指すと言ったら、周囲からは『お前、変わっているね』と言われました」と、御厨は苦笑する。

 Jリーグのピッチに立つ審判員のほとんどは、サッカーのプレー経験を有しているが、学生のうち、あるいは社会人になった早い段階で選手を引退して、審判員として活動をする。プロのサッカー選手まで上り詰めてから、転身した例は御厨と、2006年にJ2の愛媛FCでプレーした経験のある大坪博和の2例しかない。そんな稀少な道を歩む御厨は、どのようなキャリアを送ってきたのか。

 3歳の時から兄も習っていた剣道をしていた御厨が、サッカーを始めたのは小学校3年生の時だった。通っていた長崎の南陽小の課外クラブは、男子がサッカークラブ、女子はバレークラブの2つであり、仲のいい友だちと一緒に入部した。サンフレッチェ広島に加入したDF路木龍二、MF大久保誠らも輩出したサッカークラブで、16時から2時間練習。そこから車で母が迎えに来て、移動中の車内で食事を済ませて、剣道の練習へ向う生活がスタートする。

 友達と一緒に過ごすための手段として始めたサッカーだったが、御厨は徐々にその魅力にハマっていく。中学生でサッカーか、剣道の選択を迫られると、「単純に楽しかった」という理由でサッカーを選択。高校は長崎海星高校に進学する。当時の長崎は国見の一強状態であり、全国大会出場は果たせなかった。御厨と同い年の国見には、MF渡邉大剛、MF柴崎晃誠、DF園田拓也、DF松橋優、FW巻祐樹という錚々たる顔ぶれが揃っていた。

キャプテンとしてチームに貢献【写真:Getty Images】

キャプテンとしてチームに貢献【写真:Getty Images】

大阪体育大時代、C大阪との練習試合がキャリアの分岐点に

 それでも、「その国見を倒して、追い付け、追い越せという感じでやっていたので、僕の中では成長できた感覚があります。国見で彼らと切磋琢磨しながら成長するのも1つだったと思いますが、そういうところに負けたくないという気持ちがありました」と、御厨は高校時代を振り返る。

 実際、高校卒業時には、Jクラブからのオファーもあり、それまで夢でしかなかったサッカー選手が明確な目標に変わっていった。

 サッカー選手になることを目指し、御厨は親元を離れ、大阪体育大に進学する。大学の4年間で最も印象に残っているのは、1年生の時に行ったセレッソ大阪との練習試合だった。

「自分の実力、何が通じて、何が通じないかが明確になって『4年間をこう過ごせば、プロになれるかもしれない』と、感じることができました。具体的には、身体能力が通じて、細かいトラップやパスがまだまだでした。あの試合で、目標値と現在値がリアルに分かり、キャリアの分岐点になったと思います」

 大学卒業時、複数のクラブからオファーを受けたが、その中からヴァンフォーレ甲府への移籍を決断する。「当時、甲府はJ1に昇格して2年目でした。トップカテゴリーのクラブで、在籍する選手の年齢を見ても、試合に出られる可能性があると感じたんです。ただ、実際にプロに入ると、序列は一番下でしたし、身体能力を含めて、大学で培ったものがまったく通じなくて、今までやってきたことが、なくなっていくような感覚からスタートしました」

 最終的に、甲府で3シーズン、草津で3シーズン、富山で2シーズンをプロのサッカー選手として過ごした。甲府では、なかなか出場機会に恵まれなかったが、草津、富山では主力としてプレーし、キャプテンも務めた。痛感したのは、試合に出続けることの難しさだ。

「最初の1試合や2試合というのは、うまくいくんです。なぜかと言うと、チームメイトも気にかけてくれて、いいところを引き出したり、カバーしたりしてくれるから。でも、出場することが当たり前になると、優先度は低くなって、すべてを自分でやらないといけなくなります。さらに相手も自分のことを研究してくるから、やろうとすることがバレてしまう。そして、次の課題が来て、それにどう打ち勝っていくか」

御厨は「プロ選手としての在り方」を熟考した【写真:Getty Images】

御厨は「プロ選手としての在り方」を熟考した【写真:Getty Images】

嫌いな言葉に「ファンサービス」を挙げる理由は?

 プロのキャリアで、最も印象に残っているのは初の公式戦出場となった2007年の天皇杯5回戦の鹿島アントラーズ戦(延長戦1-2)だという。その試合、先発に抜擢された御厨は、当時のキャプテンだったMF石原克哉に「ミク、試合で一番キツい時が来たら言えよ」と、声をかけてもらったという。

「すごく気を使ってもらったのですが、実際に試合でピークが来たので『カツさん、ピークです』と言ったら、『おまえ、早すぎだよ!』って言われました。まだ前半20分だったんですよね(笑)。そこから延長の最後まで出場しましたが、心拍数は高かったと思います。余裕がなく、抜きどころも分からなかったので、常にフルパワーでしたからね」

 サッカー選手と言えば、ピッチ内のプレーが最も注目を集める。御厨もプレーを向上させることを意識していたが、同時にピッチ外でどういう振る舞いが求められているのかも、常に考えていたという。

「プロサッカー選手として、誰からお金をもらっているのかは考えました。学生からプロになっても、同じサッカーをやることに変わりはありません。でも、それまではお金を払ってサッカーしていたのに、ある日、突然、契約を結んだら、お金をもらえるようになる。それがプロになって最初の頃は不思議でしたね」

 お金を払ってくれているのが、ファンであり、スポンサーであることに気づいた御厨には、嫌いな言葉がある。「ファンサービス」だ。

「サービスではないんですよね。サービスと言うと、『してあげる』というイメージですが、サッカー選手がやらなければいけない仕事だと思っていました。週末にホームゲームのチケットを買ってくれるお客様に対して、練習場などでの振る舞いでクラブに入ってくる収益も違ってきます。『お金を払ってでも、この選手を見に行きたい』『このチームを応援したい』。そう思ってもらうことは、職業としてサッカーをやり続けるためには、必要なことです」

 草津や富山でキャプテンを務めていた御厨は、スポンサーパーティーに出る機会もあった。その時には必ず社長の名前を覚え、その会社がどういう仕事を、誰に対してしているのかまでも、頭に入れて参加していた。

「選手はスポンサーパーティーのゲストではありません。選手がホストであるべきだと思っていました。ただ『いつも、ありがとうございます』とだけ伝えるのと、『○○さん、いつも、ありがとうございます』と伝えるのでは、印象が違います。こうしたことも、プロサッカー選手として必要なことだと思っていました」

 主力選手としてピッチに立ち、ピッチ外でも若手の模範となる振る舞いを見せていた御厨だったが、まだクラブとの契約が残っていた30歳の時に現役を引退した。

(文中敬称略)

※後編へ続く

[プロフィール]
御厨貴文(みくりや・たかふみ)/1984年5月11日生まれ、長崎県出身。海星高―大阪体育大―甲府―草津(群馬)―富山。対人プレーと空中戦に長け、J2通算159試合7得点をマーク。2014年限りで現役引退後、会社員をしながら審判員の資格を取得し、19年には1級審判員へ。これまでJ1通算6試合、J2通算22試合、J3通算17試合、リーグカップ4試合を主審として担当。副審もJ3で通算13試合を務めている。(河合 拓 / Taku Kawai)

ジャンルで探す