ポルトガル1部移籍の小川諒也、世界遺産バックに新ユニフォーム姿をクラブが紹介

ポルトガル1部ギマラエスへ期限付き移籍した小川諒也(※写真はFC東京時代)【写真:徳原隆元】

ポルトガル1部ギマラエスへ期限付き移籍した小川諒也(※写真はFC東京時代)【写真:徳原隆元】

世界遺産「ギマランイス城」を背景にユニフォーム姿でカメラ目線ショット

 日本代表経験のあるDF小川諒也はJ1のFC東京からポルトガル1部ヴィトーリアSCへの期限付き移籍が決まった。契約期間は2022年7月1日から2023年6月30日まで。ヴィトーリアの公式SNSではそんな小川が現地で新ユニフォームを着用した姿が捉えられている。

 小川は流通経大柏高から2015年にFC東京に入団。左足の正確なキックを武器に、J1通算133試合に出場。2021年には日本代表にも選出された。

 ヴィトーリアへの期限付き移籍が決まり、小川は6月28日に羽田空港から出国。すでに現地に到着しているようで、クラブ公式ツイッターでは世界遺産「ギマランイス城」を背景に小川が新ユニフォームを着用した姿が公開。「いらっしゃいませ ここで幸せな時間を」と紹介するとファンからは、「日本語では『ようこそ』ですよ」「“いらっしゃいませ”?」といった言葉における“ツッコミ”のコメントも寄せられた。

 ポルトガル発祥の地で新たな挑戦をする小川の今後に注目だ。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す