南野のウイング起用は除外? 日本代表OBが推奨する森保JのカタールW杯「本大会メンバー26人予想」

栗原勇蔵氏が推奨するワールドカップメンバー【画像:FOOTBALL ZONE編集部】

栗原勇蔵氏が推奨するワールドカップメンバー【画像:FOOTBALL ZONE編集部】

【専門家の目|栗原勇蔵】怪我がちの酒井は選ばず 冨安と伊藤をサイドバックに起用

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランキング24位)は、今年11月に開幕するカタール・ワールドカップ(W杯)のグループリーグでスペイン(同6位)、ドイツ(同11位)、コスタリカ(同34位)と対戦する。現地時間6月23日に国際サッカー連盟(FIFA)から大会登録メンバーを従来の23人から26人に変更することが正式発表(予備登録の上限も35人から55人に拡大)され、元日本代表DF栗原勇蔵氏がカタール行きを推奨する26人を選んだ。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

   ◇   ◇   ◇

 ディフェンスには1対1に負けない選手を置いて、中盤は機動力重視。とにかく動いてもらう。サイドと、最前線の選手はスピードをマストの条件として考えました。

<GK/4人>
権田修一(清水エスパルス/33歳)
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/30歳)
鈴木彩艶(浦和レッズ/19歳)
川島永嗣(ストラスブール/39歳)

 GKの顔ぶれはほぼ決まっていて、権田は確定も確定。シュミットも間違いないでしょう。新戦力は少し選びづらいかもしれないですけど、僕ならU-21日本代表でもプレーしている鈴木彩艶を入れます。身体能力が高く、状況を一変できるキック力も備えていて、今後2回、3回とW杯に出場できる選手。たとえベンチからでも大会を肌で体感することは大事だと思います。川島がベテランと言われますが、権田も十分にベテランですから。登録メンバー枠が26人に拡大されたことで、川島にはメンタル面でチームを支えてほしいところです。

<DF/8人>
冨安健洋(アーセナル/23歳)
吉田麻也(サンプドリア/33歳)
板倉 滉(シャルケ/25歳)
谷口彰悟(川崎フロンターレ/30歳)
山根視来(川崎フロンターレ/28歳)
長友佑都(FC東京/35歳)
伊藤洋輝(シュツットガルト/23歳)
菅原由勢(AZ/21歳)

 酒井宏樹は実力のある選手ですが、怪我(右足第5中足骨の手術)の不安を抱えているので、入れない想定で考えました。センターバック(CB)は冨安、吉田、板倉、谷口の4枚は堅いと思います。ベテランの長友は6月シリーズで食らいつく姿勢を見せて、長友を寄せ付けないような若手もいない。CBとサイドバック(SB)をできる伊藤、両SBをこなせる菅原を選びました。最終ラインは対世界を意識して、伊藤と冨安がサイド、板倉と吉田がCBとサイズがある並びがいいと思います。

鹿島で活躍するFW鈴木優磨【写真:小林 靖】

鹿島で活躍するFW鈴木優磨【写真:小林 靖】

栗原氏はアンカーの控えに横浜FMの岩田、FW陣の起爆剤に鹿島の鈴木を選出

<MF/6人>
遠藤 航(シュツットガルト/29歳)
田中 碧(デュッセルドルフ/23歳)
守田英正(サンタ・クララ/27歳)
鎌田大地(フランクフルト/25歳)
久保建英(マジョルカ/21歳)
岩田智輝(横浜F・マリノス/25歳)

 森保監督の中で遠藤のバックアップは板倉想定でしょうけど、遠藤がキリンカップ決勝のチュニジア戦のように疲弊しているのであれば、岩田をメンバーに入れておけば代用は効くと思います。Jリーグではアンカーでトップクラス。CB、右SB、3バックもできる。遠藤のようにデュエルが強くて、遠藤よりスピードもあります。1ボランチとしてバランスを取る点で課題はあるかもしれないですけど、遠藤に近いプレーはできるはずです。

 厳しい言葉になりますが、僕なら原口(元気)は選びません。鎌田は独特なので流れを変える時に必要になるかもしれない。久保はワイド(ウイング)もできるし、期待値が高いのでやってくれそうな雰囲気はあります。

<FW/8人>
伊東純也(ヘンク/29歳)
三笘 薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ/25歳)
堂安 律(PSV/24歳)
南野拓実(リバプール/27歳)
古橋亨梧(セルティック/27歳)
前田大然(セルティック/24歳)
上田綺世(鹿島アントラーズ/23歳)
鈴木優磨(鹿島アントラーズ/26歳)

 南野はセンターフォワード(CF)かインサイドハーフでの起用が大前提。左ウイングとしては考えていないし、そこで使うのなら選びません。CFで左を兼任できる選手を選びたいので、古橋と前田にしました。高さがあってヘディングも強い(北海道コンサドーレ札幌の20歳FW)中島大嘉を入れてみたいところではありますけど、そこはよりJリーグでの実績がある上田に期待ですね。

 一時、川崎フロンターレの家長(昭博)に代表待望論があったと思います。家長はチームとしてボールポゼッションできればいいですけど、攻守の切り替えが早いスタイルだと、走りのほうで彼の良さが消えてしまう。森保ジャパンは高い位置で守備をして、速攻、カウンターを狙わないと点を取れないので、機能させるのは難しいでしょう。逆に、鈴木優磨はギラギラしているし、点を取りそうな雰囲気があるので、2014年のブラジルW杯の“大久保嘉人枠”として考えています。

 チームとしての鍵は1トップに誰が入るか、そして6月シリーズのチュニジア戦でミスを犯して失点した吉田が、しっかり復調できるかだと思います。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す