森保ジャパン、E-1選手権「国内組招集メンバー予想」 サプライズ候補は6人、“パリ五輪世代”U-21代表戦士も抜擢

FW上田綺世、FW鈴木唯人、FW鈴木優磨、FW武藤嘉紀【写真:小林 靖 & 高橋 学 & Getty Image】

FW上田綺世、FW鈴木唯人、FW鈴木優磨、FW武藤嘉紀【写真:小林 靖 & 高橋 学 & Getty Image】

【識者の目】W杯へ国内組はラストチャンス、E-1選手権のメンバー23人を独自予想

 7月に日本で行われるE-1選手権はJリーグのクラブに所属する国内組にとって、カタール・ワールドカップ(W杯)への事実上、最後のアピールチャンスとなる。ここでは筆者の視点で期待も込めて、23人のメンバーを予想する。

 今回のW杯は欧州組を含めた直前合宿が1週間ほどしかなく、10月に予定される最終選考で直近の代表に招集されていない選手のサプライズ選出はほぼあり得ない。そうなると、ここまで森保ジャパンにあまり絡めていない国内組の選手はE-1で圧倒的な活躍を見せて、欧州で予定される9月の遠征メンバーに食い込んでいかないといけない。

 そうした事情もあるが、シンプルにE-1選手権はJリーグ代表の意味合いもあり、欧州組ばかりで代表に興味が離れてしまったファンを引き付ける格好の機会でもある。2019年は東京五輪を控えていたこともあり、森保一監督は“1チーム2カテゴリー”の象徴として東京五輪世代の若手選手をベースに選び、上の年齢からの初選出は仲川輝人(横浜F・マリノス)しかいなかった。

 しかし、今回はそうした特別扱いのプランはないが、森保監督や代表スタッフはパリ五輪世代のU-21代表で参加したU-23アジアカップの試合もチェックしており、大会で活躍していた中から数人を招集する可能性は示唆している。ただ、タイミングを考えると森保ジャパン未招集で30歳前後の選手も、今回はやや苦しいかもしれない。

 一方でW杯の出場経験がある30歳以上のベテラン選手は原則、招集しない方針を森保監督が明かした。森保ジャパンの常連メンバーでは長友佑都(FC東京)、酒井宏樹(浦和レッズ)、大迫勇也(ヴィッセル神戸)が該当する。権田修一(清水エスパルス)に関しては2014年のW杯に第3GKとして選ばれた経験をどう見るか不明だが、選ばれる可能性はあるという条件付きで今回は対象外とする。前回W杯に出場した武藤嘉紀も大会前の7月15日で30歳となるが、怪我でしばらく招集対象から外れていたこともあり、リストに入る資格ありとした。

【GK】
大迫敬介(サンフレッチェ広島)
谷 晃生(湘南ベルマーレ)
高丘陽平(横浜F・マリノス)

▼サプライズ候補:鈴木彩艶(浦和レッズ)

 A代表の招集歴がある谷晃生と大迫敬介はほぼ堅い。もう一人、権田修一が入らない場合はJリーグの日本人GKで最も安定している高丘陽平を推薦したい。ただし、浦和では控えGKながら、U-23アジアカップで守護神として圧倒的なパフォーマンスを見せた鈴木彩艶は将来性も見込まれて選ばれる可能性は十分だ。

横浜FMの岩田は遠藤航の後継者になりうる存在、広島の藤井はA代表にもいないタイプ

【DF】
山根視来(川崎フロンターレ)
藤井智也(サンフレッチェ広島)
中谷進之介(名古屋グランパス)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
角田涼太朗(横浜F・マリノス)
古賀太陽(柏レイソル)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
佐々木旭(川崎フロンターレ)

▼サプライズ候補:大南拓磨(柏レイソル)

 筆者個人の希望としては、山根視来はメンバー外にしたい。もちろん9月の欧州遠征、さらには11月の本大会に万全の状態を整えてほしいためだ。ただ、酒井宏樹も長友佑都も呼ばない前提となると、ある程度の経験があるメンバーも必要となるだけに招集するだろう。A代表未招集の角田涼太朗に関しては左利きであること、3バックを試す可能性も考えると面白いタレントだ。佐々木旭は以前から森保一監督の話題にもあがっており、ここで選ばれても不思議はない。Jリーグ屈指の俊足DFである藤井智也は広島だと右ウイングバックだが、現在のA代表にもいないタイプということでは非常に面白い。サプライズ枠に選んだ大南拓磨はセンターバックと右サイドバックを両方こなし、対人戦に滅法強い。ポテンシャルはもともと高かったがミスが多かった。ここにきての安定感は高く評価できる。

【MF】
岩田智輝(横浜F・マリノス)
橘田健人(川崎フロンターレ)
樋口雄太(鹿島アントラーズ)
脇坂泰斗(川崎フロンターレ)
藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)
稲垣 祥(名古屋グランパス)
相馬勇紀(名古屋グランパス)

▼サプライズ候補:安部柊斗(FC東京)、岩崎悠人(サガン鳥栖)

 フルメンバーだと欧州組で埋まってしまうポジションだが、本大会の25、26人目を選ぶに際して、森保一監督には国内組にも注目してほしい。稲垣祥や脇坂泰斗の実力をここで説明する必要はないが、U-23アジアカップでキャプテンマークを巻いて奮闘した藤田譲瑠チマや川崎の中盤で攻守の軸になっている橘田健人はかなり有力だ。樋口雄太は抜群のセンスに加えて、類まれなキックの正確性はセットプレーでも活かしてほしいところ。2019年にコパ・アメリカを経験した岩田智輝はセンターバック、サイドバックを兼任できるユーティリティー性に加えて、圧倒的なデュエルの強さで、今後の成長次第では遠藤航の後継者になりうる。サプライズ枠の安部柊斗は中央、岩崎悠人はサイドで機動力と強度を発揮できる選手で、森保監督の評価基準がそこに向けば可能性がある。

U-23アジアカップで3得点、鈴木唯人の選出は当確か

【FW】
上田綺世(鹿島アントラーズ)
鈴木優磨(加島アントラーズ)
鈴木唯人(清水エスパルス)
満田 誠(サンフレッチェ広島)
武藤嘉紀(ヴィッセル神戸)

▼サプライズ:細谷真大(柏レイソル)、町野修斗(湘南ベルマーレ)

 上田綺世は今回のチームでエースとしての活躍が期待される。鹿島で2トップを組む鈴木優磨はリーダーシップがあり、幅広いポストプレーやフィニッシュワークもさることながら、新たなスピリットを注入してくれるはずだ。満田誠は大卒ルーキーながら攻守の強度が高い。広島だとシャドーだが、ウイングでもインサイドハーフでも持ち味を発揮できるだろう。また3バックを採用する場合のオプションとしても面白い。鈴木唯人は清水でエースに君臨し、U-23アジアカップで3得点と活躍したことを考えればほぼ間違いないところ。サプライズ枠の細谷真大は鈴木と同じくU-23アジアカップの主力組だが、好調の柏で主力を張っており、ここでA代表に呼ばれてもおかしくない。22歳の町野修斗はJ1で7得点。A代表にいないダイナミックな大型ストライカーで、ミドルシュートの精度も高い。もし選ばれたら、ぜひとも国際試合で“領域展開”してもらいたい。

【総評】
 筆者の希望を言えばもう少し名前を挙げたかったが、気になる選手という基準でいうとリストが一気に倍増してしまうので、泣く泣く23人+サプライズ候補6人にとどめた。カタールW杯に向けた国内組のラストアピールの場でありながら、やはりJリーグのファン・サポーターが注目し、応援したくなるような代表チームが観たい。日本開催でもあり、大いに盛り上がって結果的にタイトルを勝ち取れることを期待している。(河治良幸 / Yoshiyuki Kawaji)

ジャンルで探す